ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

寄稿

ワイドナショー 8月13日 宮迫博之「松本人志さんが言っていたように「自分が結婚した時は、不倫がこんなにダメだとは聞いてなかった」と」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

ワイドナショー 8月13日 宮迫博之 このところ、毎週、誰かの不倫ネタばかりになっていて、何十年も同じ相手と暮らしていくのは難しいのかなと思います。

感想・書評『死ぬほど読書:丹羽宇一郎・著』ネタバレ注意「伊藤忠商事での思い出がやたらと出てきます」(レビュー)。 #読書

『死ぬほど読書』丹羽宇一郎・著。本の良さが語られている本。 日経新聞朝刊の、本の広告欄で見かけて気になっていた本です。広告に載っていた見出しで興味を持ったのですが、実際に中身を読んでみないと分からないと思い、書店で試しに読んでみてから購入し…

感想・書評『もっとヘンな論文:サンキュータツオ・著』ネタバレ注意「日本初の学者芸人という肩書きを持つ著者」(レビュー)。 #読書

「もっとヘンな論文」 サンキュータツオ・著 日本初の学者芸人という肩書きを持つ著者のサンキュータツオさんが、一風変わったユニークなテーマの論文を紹介している一冊です。

感想・書評『おしゃ修行:辛酸なめ子』ネタバレ注意「オシャレに貪欲に失敗を重ねながらも挑戦する女心が描かれたオシャレ修行道」(レビュー)。 #読書

おしゃ修行 辛酸なめ子 オシャレに貪欲に失敗を重ねながらも挑戦する女心が描かれたオシャレ修行道 コラムニストの辛酸なめ子さんが今までのお買い物の失敗談や新たな挑戦など様々なエピソードを紹介した、おしゃれになるための修行道が描かれた一冊です。

感想・書評『教科書で出会った古文・漢文100:石原千秋・編』ネタバレ注意「誰もが知っている古典の世界」(レビュー)。 #読書

誰もが知っている古典の世界:『教科書で出会った古文・漢文100』(石原千秋・編) 昔、学校で習った古文・漢文。あんまり良いイメージを持っている人はいないのではないでしょうか?しかし、大人になってみると、古文・漢文ほど身体に染み付いているものはあり…

感想・書評『果鋭:黒川博行』ネタバレ注意「元マル暴刑事二人の堀内と伊達がパチンコ業界の裏の実態にせまり、暴れまくる」(レビュー)。 #読書

果鋭 黒川博行さんのお得意の大阪ものです ご存知、黒川産の大阪のヤクザ屋警察ものです。

感想・書評『老後の資金がありません:垣谷美雨』ネタバレ注意「今回の主人公はどこにでもいそうな節約上手の主婦」(レビュー)。 #読書

「老後の資金がありません」垣谷美雨 垣谷美雨さんの小説が好きで今回の本を読んでみました。 今回の主人公はどこにでもいそうな節約上手の主婦です。 家事をしながらこつこつとパートもこなして、一千万円以上の貯金を築いてきました。

感想・書評『田中圭一さんのうつヌケ』ネタバレ注意「読もうと思ったのかというと、実は私の彼が現在進行形でうつだからです」(レビュー)。 #読書

田中圭一さんのうつヌケを読んでみたら まず、わたしがなぜこのうつヌケを読もうと思ったのかというと、実は私の彼が現在進行形でうつだからです。彼からうつだというのは聞いていましたが、遠距離恋愛なのもあり、症状がよく分からず彼もうつがどういうもの…

感想・書評『世界の辺境案内:蔵前仁一、金子貴一、鎌倉文也、山本高樹ほか・著』ネタバレ注意「地図に表記の無いようなアクセス困難なスポットを、実際に訪れた様子を紹介」(レビュー)。 #読書

「世界の辺境案内」 蔵前仁一、金子貴一、鎌倉文也、山本高樹ほか・著 地図に表記の無いようなアクセス困難なスポットを、実際に訪れた様子を紹介した一冊です。

感想・書評『大泉エッセイ 僕が綴った16年:大泉洋・著』ネタバレ注意「素顔は、とにかくおしゃべりで毒舌な方なのでしょうね」(レビュー)。 #読書

「大泉エッセイ 僕が綴った16年」 大泉洋・著 俳優の大泉洋さんが雑誌に連載してきたエッセイを、どーんと16年分収録した一冊です。量はなかなかに多いですが一話は数ページ程度なので、ちょっとした待ち時間などにちょこちょこと読むことができ、気分転換に…

感想・書評『スマホを落としただけなのに:志駕晃』ネタバレ注意「2017年のこのミス大賞隠し球ということで、興味をもち手にとりました」(レビュー)。 #読書

スマホを落としただけなのに 志駕晃 2017年のこのミス大賞隠し球ということで、興味をもち手にとりました。題名の通り、スマホを落としただけなのに!そこから繰り広げられる事件に徐々に巻き込まれていく様子は、とてもスピード感があり終始ハラハラしなが…

若狭議員の日本ファースト立ち上げ「小池百合子都知事の掌で動いていた人物です」【気になるニュース2017年】

若狭議員の日本ファースト立ち上げ 今回、若狭議員が日本ファーストと言う、新たな政党を立ち上げましたが、はっきり言えば若狭議員は小池百合子都知事の掌で動いていた人物です。

これは酷い、ゼリア新薬新入社員の男性が自殺「原因は新人研修の内容とのことで、新人社員研修で過去のいじめられた体験をみんなの前で告白」【気になるニュース2017年】

これは酷い、ゼリア新薬新入社員の男性が自殺 ゼリア新薬と言えばCMでもやっているくらい有名な製薬会社ですが、このゼリア新薬に勤めていた22歳の男性が自殺したそうです。

ハシゴ旅、ロッチ中岡の2杯飲んだだけで酔っ払ってしまい椅子を壊しついつい本音「笑ってコラえて 8月2日2時間SP」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

笑ってコラえて 8月2日2時間SP 【ハシゴ旅】ロッチ中岡の2杯飲んだだけで酔っ払ってしまい椅子を壊しついつい本音が出てしまった部分が面白かったです。

感想・書評『うしのひとりごと:高田千鶴・著』ネタバレ注意「中身は、顔のアップや全体像、何頭か集まったものなどさまざまな牛の写真」(レビュー)。 #読書

『うしのひとりごと』(高田千鶴・著) 今年から取り始めた日経新聞の一番最後の面で偶然見かけた、牛の写真を撮る、農業高校出身の方のお話が妙に印象に残っていました。その方のお名前は忘れてしまったのですが、女性であったことは覚えていたので、ふと思…

感想・書評『休みの日には、コーヒーを淹れよう。狩野知代、藤原ゆきえ』ネタバレ注意「生豆についても写真が良い色合いで掲載」(レビュー)。 #読書

休みの日にには、コーヒーを淹れようよう。狩野知代、藤原ゆきえ コーヒー好きの私にはたまりません。 コーヒーが大好きな私はまず、CDで言えばジャケ買いのような感覚で惹かれました。ジャケ買いも大きなモノがありますよね。題字も休みの日のリラックス感…

感想・書評『学力の経済学:中室牧子』ネタバレ注意「子供をどうやって勉強に導くのか,教育論からの意見ではなく,統計に基づいた経済学からの理論」(レビュー)。 #読書

学力の経済学「中室牧子」とても参考になりました 小学生の子どもがいます。どこの家庭でもそうかもしれませんが,うちも例にもれず,家での勉強があまり好きではないタイプの子どもです。勉強が大嫌いというわけでもありませんが,進んで自分から勉強をすす…

感想・書評『「自分」から自由になる沈黙入門:小池龍之介』ネタバレ注意「内容的には「毎日の暮らしをよりゴキゲンに過ごすための小さな実践項目」というところ」(レビュー)。 #読書

『「自分」から自由になる沈黙入門』 小池龍之介 おすすめです 筆者はお坊さんですが、宗教の研究書ではなく、内容的に特に難しいことが書いてあるわけでもない上に、非常にわかりやすく場合によってはすこしふざけすぎているようなくらいの平易な文章で、毎…

感想・書評『脳はこんなに悩ましい:池谷裕二・中村うさぎ』ネタバレ注意「2人が遺伝子検査を受けて、その結果を披露しています」(レビュー)。 #読書

『脳はこんなに悩ましい』(池谷裕二・中村うさぎ)で自分自身を深く振り返る 脳科学者の池谷裕二先生と漫画家の中村うさぎさんの対談を本にしたものです。 池谷先生はとてもわかりやすく話しているのですが、読んでいる私はついていけません。何度読み返し…

感想・書評『三鬼:宮部みゆき』ネタバレ注意「あの百物語の続編と言うかな、何はともあれ三島屋の黒白の迄語られる」(レビュー)。 #読書

三鬼 宮部みゆき 日本経済新聞出版社 を読んで 久しぶりに読みました、宮部みゆきの新刊です。あの百物語の続編と言うかな、何はともあれ三島屋の黒白の迄語られる、「聞いて聞きすて、語って語りすて」のあの、現実離れしたおどろおどろしい異界からの物語。

感想・書評『錯視・錯覚ゲーム:中川越』ネタバレ注意「ついつい視野が狭くなっていることを実感」(レビュー)。 #読書

ついつい視野が狭くなっていることを実感:『錯視・錯覚ゲーム』(中川越) 人間の視覚の盲点によって引き起こされる錯視・錯覚。代表的なものとして、1つの壺の絵が向かい合った顔に見える「ルビンの壺」が挙げられます。このルビンの壺を初めて知った時、多く…

感想・書評『運の良くなる生き方:西中務著』ネタバレ注意「弁護士と言う商売は、争いを示談、はたまた法廷で争う商売」(レビュー)。 #読書

「運の良くなる生き方」を読み、納得のいく事例が多いと思いました。 西中務著 弁護士の書いた運に関する本です。争いのある人には運が向いてこない、運が逃げていくと著者は言います。弁護士と言う商売は、争いを示談、はたまた法廷で争う商売なのですが、…

感想・書評『道は開ける:デール・カーネギー』ネタバレ注意「心がすっと軽くなるような言葉がたくさん書いてあり、思わず購入」(レビュー)。 #読書

「道は開ける」デール・カーネギーは、とてもいい本です 40代になり、子育てはひと段落、自分のことに関心が行くようになり、少しずつ体力がなくなってきて、両親が高齢になり、病気になり。と少し悩みが増えてきました。日本の先行きは不安ばかり、自然災害…

感想・書評『出版大崩壊 電子書籍の罠:山田順』ネタバレ注意「携帯コミックを買ったりしている層は従来とは違う、本など読まない層」(レビュー)。 #読書

出版大崩壊 電子書籍の罠 山田 順 2011年に出版された、電子書籍の現状と展望を、いくつかのエピソードをもとに考えていくという一冊です。「電子書籍元年」を下敷きにした時期に出版されたものの、当時は種々の問題などもあって原子書籍の爆発的普及に…

直筆原稿を、そのまま新書にする斬新な企画によって生まれた…感想・書評『直筆で読む「坊っちゃん」:夏目漱石』ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

漱石自筆が新書に!:『直筆で読む「坊っちゃん」』(夏目漱石) 夏目漱石の代表作『坊っちゃん』の直筆原稿を、そのまま新書にする斬新な企画によって生まれたのが、この1冊。パッと見ると今の文字ではなく、全てくずし字で書かれており、これは歯が立たないと…

フースーヤ、オーマイゴッドファーザー降臨とかやばいのがきたなぁ「アメトーク パクりたい1グランプリ」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

7月16日アメトーク パクりたい1グランプリ 毎回毎回爆笑しながら見ている、ザキヤマとフジもんのアメトークパクりたい1グランプリ。 仲里依紗がゲストだったけど久々に見た気がします。

感想・書評『百田尚樹さんの「幻庵」上下巻 出版 文芸春秋』ネタバレ注意「百田さん自身が権力にしっぽを振って書いている」(レビュー)。 #読書

百田尚樹さんの「幻庵」上下巻 出版 文芸春秋 正直に書きます、百田尚樹の小説は「永遠のゼロ」「海賊と呼ばれた男」等を読んだことが有りますが、その他の作品も何冊か読みましたが、最初の「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」ほど、さして面白くなかった…

感想・書評『つぼねのカトリーヌ:森博嗣』ネタバレ注意「いきなり「ももち(嗣永桃子)」を2作連続解説者に選んでみたり」(レビュー)。 #読書

【つぼねのカトリーヌ】【森博嗣】徹底した森先生のファン向エッセイ 本作は、連番こそふっていないけれども「つぶやきのクリーム」「つぼやきのテリーヌ」につづく森博嗣エッセイの3作目である。

感想・書評『されど鉄道文字ー駅名標から広がる世界』ネタバレ注意「国鉄時代の駅名標とJR各社の駅名表の文字の表記についての方針の相違といったことへの理解に繋がり易く」(レビュー)。 #読書

されど鉄道文字ー駅名標から広がる世界 この本は、私が毎月購読している雑誌「鉄道ジャーナル」に採り上げられていたコーナーのうちの鉄道文字に関するものを継続して読んでいたのを機縁に、書店の店頭で見かけたので購入して読んでみました。

感想・書評『ロボット・イン・ザ・ガーデン/デボラ・インストール』ネタバレ注意「壊れたロボットと男が世界を旅する」(レビュー)。 #読書

ロボット・イン・ザ・ガーデン /デボラ・インストール /壊れたロボットと男が世界を旅する 最近ロボットに関心を持っていたので、この本が書店で積み上げられていたのを見て購入しました。離婚寸前の夫婦の家の庭に突然おんぼろのロボットが出現するところ…