ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

読書感想

感想・書評『恋する寄生虫:三秋縋』ネタバレ注意「物語は、ある理由で失業している高坂賢吾という青年が不登校の佐薙聖(さなぎひじり)と」(レビュー)。 #読書

「恋する寄生虫」三秋縋:ただの恋愛小説かと思いきや… 「恋する寄生虫」というタイトルを書店で初めて見た時私は「アニサキスとかギョウ虫とかが恋する話なんて誰が読むんだ?」と思い、タイトルのインパクトとこの本の作者である三秋縋(みあきすがる)氏…

感想・書評『流鶯:吉原裏同心シリーズ 二十五巻 佐伯泰英・著』ネタバレ注意「本作には、女性の「裏同心」の希望者が現れます」(レビュー)。 #読書

「流鶯」 吉原裏同心シリーズ 二十五巻 佐伯泰英・著 佐伯泰英の人気シリーズ「吉原裏同心」の最新刊です。吉原での裏同心の活躍が描かれています。 本作には、女性の「裏同心」の希望者が現れます。なかなかの剣の使い手なので、とりあえず見習のような形で…

感想・書評『パンドラ'sボックス:北森鴻』ネタバレ注意「エッセイを間に挟んで、いろいろな種類の作品を掲載しています」(レビュー)。 #読書

「パンドラ'sボックス」 北森鴻 残念なことに、北森鴻は2010年に48歳で亡くなってしまいました。 東京創元社主催の文学新人賞「鮎川哲也賞」を、デビュー作「狂乱廿四孝」で受賞しました。それ以降、骨董や、民俗学の知識を生かした、ミステリーをたく…

感想・書評『糸車:宇江佐真理・著』ネタバレ注意「江戸の藩邸で夫が殺され、息子が行方不明になってしまった主人公」(レビュー)。 #読書

「糸車」 宇江佐真理・著 大人の秘めた恋物語 江戸の藩邸で夫が殺され、息子が行方不明になってしまった主人公。江戸に暮らして、息子の行方を探し、なぜ夫が殺されなければならなかったのかを探りたいと思います。

感想・書評『今夜もホットフラッシュ:青沼貴子』ネタバレ注意「更年期を笑いながら正しく理解しよう」(レビュー)。 #読書

更年期を笑いながら正しく理解しよう:『今夜もホットフラッシュ』(青沼貴子) 女性の人生の中で大きな壁となるのが、更年期障害です。更年期障害は人によって差異はあると言っても、ほてり・鬱・めまい・動悸などの症状が現れるので、女性にとって大きな問題…

感想・書評『三浦しをん:仏果を得ず』ネタバレ注意「江戸時代に作られた芸の凄さというものが、紙面を通してひしひしと伝わってきました」(レビュー)。 #読書

三浦しをんの「仏果を得ず」で感動 三浦しをんさんの本も好きで。見つけては読んでいたのですが、最近とんと縁がなくなっていました。この本も題名を見て、「あっ、なんか面白そう」を思わず手にとってしまいました。彼女の本の面白さは、なんと表現していい…

感想・書評『音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか 江森丈晃著』ネタバレ注意「小山田圭吾、木村カエラ、坂本慎太郎、志村正彦など13人13様の歌詞に対するスタンス」(レビュー)。 #読書

音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか 江森丈晃著 音楽を聴くときにメロディー先行で聴く人、歌詞を先に聴く人二通りあると思います。これは歌詞を書く側も同じで先にメロディーなのか、歌詞が先なのかに分かれるそうです。

感想・書評『残穢 〜住んではいけない部屋:小野不由美』ネタバレ注意「映画を観た後、原作小説があると知り、この本を手に取った」(レビュー)。 #読書

残穢 〜住んではいけない部屋〜 映画にもなった小野不由美さんの残穢。私は映画を観た後、原作小説があると知り、この本を手に取った。というのも、映画だと次々と発覚していく出来事に対して、自分の中で消化出来ないまま物語が進んてしまった為、もう一度…

感想・書評『今や世界5位『移民受け入れ大国』日本の末路:三橋貴明著』ネタバレ注意「国連人口部の定義によると、1年以上日本で働いている外国人は皆「移民」と」(レビュー)。 #読書

「今や世界5位『移民受け入れ大国』日本の末路」三橋貴明著:日本への警告の書 タイトルを見て、おや、と思われるかもしれません。日本が世界5位の移民受け入れ大国、と書いてあるからです。そんなバカな、と思われたかもしれません。

感想・書評『まんがで分かる7つの習慣:フランクリン・コヴィー監修』ネタバレ注意「自分の心の声や、今日明日からの行動が変わるヒントになっていくシリーズ(全部で4冊)」(レビュー)。 #読書

フランクリン・コヴィー監修「まんがで分かる7つの習慣」シリーズ 自己啓発で有名なフランクリン・コヴィー博士の著書「7つの習慣」がまんがになって返ってきました。

感想・書評『オルファクトグラム:井上夢人・著』ネタバレ注意「姉が襲われているところに行きあって、瀕死の重傷を負わされてしまった主人公」(レビュー)。 #読書

「オルファクトグラム」 井上夢人・著 「僕の鼻は、イヌの鼻!?」 残虐な殺人事件が続きます。ちょうど姉が襲われているところに行きあって、瀕死の重傷を負わされてしまった主人公。

感想・書評『水とは何か:上平恒』ネタバレ注意「水は科学的には極めて異例な液体なのです」(レビュー)。 #読書

水って不思議!:『水とは何か』(上平恒) 私たちの身近にある液体と聞かれれば、ほとんどの人が水と答えるでしょう。生物が生きていく上で水は欠かせない液体です。ところが、水は科学的には極めて異例な液体なのです。『水とは何か』はこの水の特異性を科学…

感想・書評『山猫珈琲・下巻・湊かなえ・著』ネタバレ注意「好きなものをそのまま並べてエッセイ集のタイトルにしたそうです」(レビュー)。 #読書

「山猫珈琲」下巻 湊かなえ・著 湊かなえさんが好きなものをそのまま並べてエッセイ集のタイトルにしたそうですが、上巻では趣味の登山についての話が多かったように思いました。コーヒー好きの私としては「コーヒー革命」という話がとても興味深かったです。

感想・書評『死ぬほど読書:丹羽宇一郎・著』ネタバレ注意「伊藤忠商事での思い出がやたらと出てきます」(レビュー)。 #読書

『死ぬほど読書』丹羽宇一郎・著。本の良さが語られている本。 日経新聞朝刊の、本の広告欄で見かけて気になっていた本です。広告に載っていた見出しで興味を持ったのですが、実際に中身を読んでみないと分からないと思い、書店で試しに読んでみてから購入し…

感想・書評『もっとヘンな論文:サンキュータツオ・著』ネタバレ注意「日本初の学者芸人という肩書きを持つ著者」(レビュー)。 #読書

「もっとヘンな論文」 サンキュータツオ・著 日本初の学者芸人という肩書きを持つ著者のサンキュータツオさんが、一風変わったユニークなテーマの論文を紹介している一冊です。

感想・書評『おしゃ修行:辛酸なめ子』ネタバレ注意「オシャレに貪欲に失敗を重ねながらも挑戦する女心が描かれたオシャレ修行道」(レビュー)。 #読書

おしゃ修行 辛酸なめ子 オシャレに貪欲に失敗を重ねながらも挑戦する女心が描かれたオシャレ修行道 コラムニストの辛酸なめ子さんが今までのお買い物の失敗談や新たな挑戦など様々なエピソードを紹介した、おしゃれになるための修行道が描かれた一冊です。

感想・書評『教科書で出会った古文・漢文100:石原千秋・編』ネタバレ注意「誰もが知っている古典の世界」(レビュー)。 #読書

誰もが知っている古典の世界:『教科書で出会った古文・漢文100』(石原千秋・編) 昔、学校で習った古文・漢文。あんまり良いイメージを持っている人はいないのではないでしょうか?しかし、大人になってみると、古文・漢文ほど身体に染み付いているものはあり…

感想・書評『老後の資金がありません:垣谷美雨』ネタバレ注意「今回の主人公はどこにでもいそうな節約上手の主婦」(レビュー)。 #読書

「老後の資金がありません」垣谷美雨 垣谷美雨さんの小説が好きで今回の本を読んでみました。 今回の主人公はどこにでもいそうな節約上手の主婦です。 家事をしながらこつこつとパートもこなして、一千万円以上の貯金を築いてきました。

感想・書評『田中圭一さんのうつヌケ』ネタバレ注意「読もうと思ったのかというと、実は私の彼が現在進行形でうつだからです」(レビュー)。 #読書

田中圭一さんのうつヌケを読んでみたら まず、わたしがなぜこのうつヌケを読もうと思ったのかというと、実は私の彼が現在進行形でうつだからです。彼からうつだというのは聞いていましたが、遠距離恋愛なのもあり、症状がよく分からず彼もうつがどういうもの…

感想・書評『世界の辺境案内:蔵前仁一、金子貴一、鎌倉文也、山本高樹ほか・著』ネタバレ注意「地図に表記の無いようなアクセス困難なスポットを、実際に訪れた様子を紹介」(レビュー)。 #読書

「世界の辺境案内」 蔵前仁一、金子貴一、鎌倉文也、山本高樹ほか・著 地図に表記の無いようなアクセス困難なスポットを、実際に訪れた様子を紹介した一冊です。

感想・書評『大泉エッセイ 僕が綴った16年:大泉洋・著』ネタバレ注意「素顔は、とにかくおしゃべりで毒舌な方なのでしょうね」(レビュー)。 #読書

「大泉エッセイ 僕が綴った16年」 大泉洋・著 俳優の大泉洋さんが雑誌に連載してきたエッセイを、どーんと16年分収録した一冊です。量はなかなかに多いですが一話は数ページ程度なので、ちょっとした待ち時間などにちょこちょこと読むことができ、気分転換に…

感想・書評『スマホを落としただけなのに:志駕晃』ネタバレ注意「2017年のこのミス大賞隠し球ということで、興味をもち手にとりました」(レビュー)。 #読書

スマホを落としただけなのに 志駕晃 2017年のこのミス大賞隠し球ということで、興味をもち手にとりました。題名の通り、スマホを落としただけなのに!そこから繰り広げられる事件に徐々に巻き込まれていく様子は、とてもスピード感があり終始ハラハラしなが…

感想・書評『うしのひとりごと:高田千鶴・著』ネタバレ注意「中身は、顔のアップや全体像、何頭か集まったものなどさまざまな牛の写真」(レビュー)。 #読書

『うしのひとりごと』(高田千鶴・著) 今年から取り始めた日経新聞の一番最後の面で偶然見かけた、牛の写真を撮る、農業高校出身の方のお話が妙に印象に残っていました。その方のお名前は忘れてしまったのですが、女性であったことは覚えていたので、ふと思…

感想・書評『休みの日には、コーヒーを淹れよう。狩野知代、藤原ゆきえ』ネタバレ注意「生豆についても写真が良い色合いで掲載」(レビュー)。 #読書

休みの日にには、コーヒーを淹れようよう。狩野知代、藤原ゆきえ コーヒー好きの私にはたまりません。 コーヒーが大好きな私はまず、CDで言えばジャケ買いのような感覚で惹かれました。ジャケ買いも大きなモノがありますよね。題字も休みの日のリラックス感…

感想・書評『学力の経済学:中室牧子』ネタバレ注意「子供をどうやって勉強に導くのか,教育論からの意見ではなく,統計に基づいた経済学からの理論」(レビュー)。 #読書

学力の経済学「中室牧子」とても参考になりました 小学生の子どもがいます。どこの家庭でもそうかもしれませんが,うちも例にもれず,家での勉強があまり好きではないタイプの子どもです。勉強が大嫌いというわけでもありませんが,進んで自分から勉強をすす…

感想・書評『「自分」から自由になる沈黙入門:小池龍之介』ネタバレ注意「内容的には「毎日の暮らしをよりゴキゲンに過ごすための小さな実践項目」というところ」(レビュー)。 #読書

『「自分」から自由になる沈黙入門』 小池龍之介 おすすめです 筆者はお坊さんですが、宗教の研究書ではなく、内容的に特に難しいことが書いてあるわけでもない上に、非常にわかりやすく場合によってはすこしふざけすぎているようなくらいの平易な文章で、毎…

感想・書評『脳はこんなに悩ましい:池谷裕二・中村うさぎ』ネタバレ注意「2人が遺伝子検査を受けて、その結果を披露しています」(レビュー)。 #読書

『脳はこんなに悩ましい』(池谷裕二・中村うさぎ)で自分自身を深く振り返る 脳科学者の池谷裕二先生と漫画家の中村うさぎさんの対談を本にしたものです。 池谷先生はとてもわかりやすく話しているのですが、読んでいる私はついていけません。何度読み返し…

感想・書評『三鬼:宮部みゆき』ネタバレ注意「あの百物語の続編と言うかな、何はともあれ三島屋の黒白の迄語られる」(レビュー)。 #読書

三鬼 宮部みゆき 日本経済新聞出版社 を読んで 久しぶりに読みました、宮部みゆきの新刊です。あの百物語の続編と言うかな、何はともあれ三島屋の黒白の迄語られる、「聞いて聞きすて、語って語りすて」のあの、現実離れしたおどろおどろしい異界からの物語。

感想・書評『錯視・錯覚ゲーム:中川越』ネタバレ注意「ついつい視野が狭くなっていることを実感」(レビュー)。 #読書

ついつい視野が狭くなっていることを実感:『錯視・錯覚ゲーム』(中川越) 人間の視覚の盲点によって引き起こされる錯視・錯覚。代表的なものとして、1つの壺の絵が向かい合った顔に見える「ルビンの壺」が挙げられます。このルビンの壺を初めて知った時、多く…

感想・書評『運の良くなる生き方:西中務著』ネタバレ注意「弁護士と言う商売は、争いを示談、はたまた法廷で争う商売」(レビュー)。 #読書

「運の良くなる生き方」を読み、納得のいく事例が多いと思いました。 西中務著 弁護士の書いた運に関する本です。争いのある人には運が向いてこない、運が逃げていくと著者は言います。弁護士と言う商売は、争いを示談、はたまた法廷で争う商売なのですが、…