読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

下弦の月/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・女子高生の美月は絶望の日々を過ごしていたのですが…。 #漫画


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

美しい漫画、「下弦の月」の最終回。

漫画、「下弦の月」は、ミステリアスな漫画でしたが、始めから終わりまで美しい漫画でした。

女子高生の美月は絶望の日々を過ごしていたのですが、前世の恋人・アダムに導かれ、事故に遭い、意識不明になってしまいます。

それと同時期に飼い猫を探して事故に遭い、意識不明になった小学生・蛍が、生と死の間の空間で美月と出会います。

蛍はそのまま意識を取り戻し、普通の生活に戻ります。

意識不明になった美月はある洋館に留まり、アダム以外の事は忘れ、日々を過ごしていました。

そこに現れたのが、蛍と蛍の三人の友達で、四人の小学生は美月を「イヴ」と呼び、彼女の正体を探す事にしたのです。

そして最終回。
無事に意識が戻った美月は、アダムや蛍達との記憶を全て失っていました。
穏やかに日々を過ごす様になる美月。
四人の子供達は、この不可思議な出来事を忘れないようにするために、美月が閉じ籠っていた洋館に、タイムカプセルを埋めたのです。

そして、最後はアダムの独白。
最終回は一部書き下ろしがあるとの事なので、この独白がそれではないかと私は思っています。

本当に、美しく纏まった漫画だと思います。