読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ハーレムビート-Herlem Beat7巻St.98・OKINAWA BOY(西山優里子)感想&あらすじ・沢村が「目隠し」をしながらダンクを決めるシーン…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ダンクコンテストが進むに連れて佳境にもなりつつあるのですがこの話では喜屋武高校の意気込みについて知るのですがチームカラーを考えると納得出来るものでした。

面白いところ。

沢村が「目隠し」をしながらダンクを決めるシーンに関しては思わず「凄い」と感じるものでしたが真実を知る事で思わず茫然とする内容にもなってくるものです。

好きなところ。

海彦のダンクを見る事で何も言葉がいらない感覚にもなってくるものでした。普通ではなかなか出来ない事でもあるので圧巻する事でもあるのです。

好きなキャラ。

成瀬徹、沢村正博、尾崎浩介、比嘉裕太

好きなエピソード。

この中で比嘉が一番に荒れてしまう事に触れるのですが「ばあちゃん」の一言で考え方をがらりと変えるのは説得力が有る様にも感じるものです。

おすすめ。

成瀬は比嘉の気持ちを知る事で「真正面からぶつかる」と気持ちを切り替える事にもなるものです。最終アンカーはどの様に答えるのかが見物でもある。

作品に関する思い出。

貴生が登場するのは雰囲気を変えるものですがそれ以上にどの様にバスケと向き合って行こうとするのかが分かるものです。

作者に関して。

東京と沖縄のダンクコンテストはどちらの軍配があがるのかがワクワクするものです。

その他。

比嘉のこだわりについてこの話では触れるのです。思わず納得してしまう内容にもなってくるものです。