読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

DEAR BOYS ACT3-ディアボーイズvol.21巻SCENE83「死闘の果てに・・・」(八神ひろき)感想&あらすじ・悲願の優勝を勝ち取る事が出来た瑞穂でもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 マンガ 少年漫画

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

悲願の優勝を勝ち取る事が出来た瑞穂でもあるのです。シュートが決まった時には感激の涙が出てしまうのもかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

面白いところ。

初黒星を喫する事になった天童寺は涙の嵐になってくるものです。ですが沢登自身「後悔」が出てくるのも分かるものです。

好きなところ。

瑞穂メンバーは哀川の元に駆け寄っていくのです。ですが哀川自身は皆の心配をしているのは絆の強さがここまで行けるのではないかと思いました。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、沢登正人

好きなエピソード。

優勝した事で周囲の反応がかなり違ってくるのですが次世代の後輩達がどの様な行動を示そうとするのかがかなり注目する事にもなってくるものです。やはりこの世代ではなかなかいないのではないかと感じるものです。

おすすめ。

父親との確執があっても全て流そうとするのは安心するものです。やはりバスケはチームでのスポーツと共にいろんな物語が生み出されるのも分かるものです。

作品に関する思い出。

死闘の果てにそれぞれのチーム内で明暗がはっきりとするものです。やはり瑞穂のカギとなるのは「仲間」が大切にもなってくるのではないかと思うものです。

作者に関して。

死闘を終えてからはいろんな「答え」が見える瞬間にもなってくるのではないかと思うものです。

その他。

死闘を終えて皆の表情がかなり和やかな展開にもなってくるものです。哀川の表情にも安堵の場面がかなり見ていても嬉しい限りです。

ありがとう寄稿。

僕はプロレスファンで、三ちゃんがみちのくプロレスに挑戦すると言う話が出た時にとても嬉しく思ったものです。

めちゃめちゃイケてる3月5日/感想!三中の再オーディション回・三ちゃんがみちのくプロレスに挑戦すると言う話が出た時にとても嬉しく思った…(ネタバレ注意)。 #TV - みんなの芸能ブログ。