読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝11巻第167話 真空地帯(山本航暉)感想&あらすじ・先生の様子がおかしいのは「パニック」を起こしてしまうのです…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

テル先生の様子がおかしいのは「パニック」を起こしてしまうのです。ここからの取り直し方に関してはかなり見物になってくるものです。

面白いところ。

再会する事になってから北見先生はテル先生に見つめなおすキッカケを与える事にもなったのですがそこからの展開にはかなり凄いと感じるものです。

好きなところ。

パニックになった時には周囲が見えなくなってしまっているのです。しかし他の先生方は優しく待っているのです。この時の内容に関してはかなり見物になってくる。

好きなキャラ。

真東輝、四宮蓮、北見柊一

好きなエピソード。

オペのスピードを維持出来るのはテル先生の努力があってこそではないかと思うのです。やはり院長の考え方にもかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

おすすめ。

手術に入れない慧先生でもあったのですが院長からの言葉で切り替える事が出来るのはかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

一つずつ成長している姿にはかなり嬉しい限りにもなってくるものです。当事者でなくとも共感出来る内容にもなってくるものです。

作者に関して。

なかなか見応えがあるオペにもなってくるものです。ですがそれまでの経過にもかなり手応えがあるのも納得出来るものです。

その他。

蓮先生は最後までオペを見るのですが自身が思っていた事がことごとく翻されるのはかなり驚くのも無理はないのではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

たしかに地元で食べることはありますが、TVの内容を見て、市民みんながこう食べていると放送しているのに、見ている私たちがそういう食べ方があるんだと思ってしまうのはどうなんでしょう。

やらせ疑惑「秘密のケンミンSHOW」テレビ番組感想・地元民の意見、商工会議所の会員になっている人で、インタビュー受けている人も会員の人達なんです。 | アフィリエイト収入で生活したいブログ。