読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝11巻特別番外編「光の奇跡」vol1自分の痛み(山本航暉)感想&あらすじ・蓮先生は「ファロー失調症失調症」でもあるのですが…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

今回は光介の過去について語られる事にもなってくるのですが見ててもかなり感激する内容にもなってくるものです。

面白いところ。

この当時患児でもある蓮先生は「ファロー失調症失調症」でもあるのですがこの時に注射をする事にもなったのですが医師では出来ないのが光介はあっと言う間にするのは流石とも言えるものです。

好きなところ。

注射に対しての気持ちについて語られるのです。なかなかここまで言い切る医師は少ないものですし、受け持って欲しいというのも分かるものです。

好きなキャラ。

真東光介

好きなエピソード。

大学病院内での足の引っ張り合いにはかなりうんざりするのも共感出来るものです。医療界の狭さがかなり露呈するのも納得してしまうものです。

おすすめ。

患者さんの立ち場になってくると光介の様な先生であるのが嬉しいのも共感出来る内容にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

医師の現状を書かれているのはかなり納得してしまう場面にもなってくるものです。やはり実力があると上に認めているのが納得してしまうものです。

作者に関して。

教授の気持ちにもかなり共感出来る内容にもなってくるものです。それに気づいている光介の気持ちにも納得するものです。

その他。

光介自身はその当時を知っている人ではなかなか分からない所でもあるのですが逆に暖かいという感覚にもなっているのがかなり納得してしまうものです。

ありがとう寄稿。

リハビリを拒否していた患児がようやく心を開こうとするのはかなり嬉しい限りでもあるのです。

ゴッドハンド輝11巻第158話 奇跡なんか(山本航暉)感想&あらすじ・「虹」を見せる為に「ペットボトルロケット」を作るのですが…ネタバレ注意。 #マンガ - ナカノ実験室