読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝11巻特別番外編「光の奇跡」vol3信じる道程(山本航暉)感想&あらすじ・凱は光介獲得出来ない事で「御前」から言われたのです…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

医療現場においては時として迷ってしまう場面にもなってくるものです。しかし最後まで光介の想いについては揺るがないのもかなり納得してしまうものです。

面白いところ。

四瑛会に入れる為に凱はいろいろと策略を巡らせるのです。ですが最後まで拒み続けるのは私としては納得するのも共感出来るものです。

好きなところ。

日本医療では狭いのも見てて納得するものです。やはり世界を見ていると光介には合っているのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

真東光介

好きなエピソード。

患者さんの事を一番に考えると答えが必然として見えて来るのではないかと感じるものです。私自身もこの内容に関しては納得出来るのも分かるものです。

おすすめ。

凱は光介獲得出来ない事で「御前」から言われたのです。しかし凱の考え方にはかなり不思議な感覚にもなってくるのが分かるものです。

作品に関する思い出。

光介は「レベルアップ」をメインに考えているのですが凱の考え方にはかなりついていけないのも分かるものです。この両名の考え方には読者にも印象を与える事にもなってくるものです。

作者に関して。

医師の考え方に関してはかなり極端にもなってくるのですが「患者」の事を考えると分かるのも納得出来る場面にもなってくるものです。

その他。

間違いなく光介はゴッドハンドでもあるのが分かるものです。それを妬むのも見てて分かるのですがやり方に関しては極端ではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

もともとアクションゲームが好きでゲーセンなどで遊んでいたのですが、ある日インターネットのゲームブログでこのゲームを知りました。通称FEZとして呼ばれるこのゲームは、50対50のプレイヤーで戦う戦争ゲームです。

おすすめゲーム「ファンタジーアースゼロ」感想レビューネタバレ注意!(100人が同時に画面の中で同時に動くのでハイスペックなPCが必要なのかと思っていましたが、型落ちのPCでもサクサク動作)。 - みんなのブログ。