読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

電脳コイル-COIL A CIRCLE OF CHILDREN/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・オジジでしたが、実は医師であり、電脳世界に閉じ込められた少女を救い出すため…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アニメ『電脳コイル COIL A CIRCLE OF CHILDREN』の最終回は、祈りの回

電脳コイルは一見すると子供向けアニメですが、扱っているのは電脳メガネというウェアブル端末が当たり前に存在する近未来の物語。仮想現実と人間はどう向き合うべきか。作品全体を陰から支えているモチーフは成長しつつある子供たちの心の動きと重なり合って重層的に語られています。
次週がこれほど待ち遠しいアニメに出会ったのは久しぶりでしたね。
さてその最終回ですが、冒頭に主人公が祖父(オジジ)と再会する回想シーンが印象的でした。
それまで人物像がほとんど語られていなかったオジジでしたが、実は医師であり、電脳世界に閉じ込められた少女を救い出すため我が身の危険を顧みず電脳ダイブして命を落とし、意識だけがイリーガル(違法電脳物質)として彷徨っていた事が明かされます。――もう、これだけで切な過ぎる設定なわけですが、この時、救い出された少女というのが天沢勇子ですからね。
大企業の利権絡みという大人たちの陰謀に翻弄され、最後には身も心もボロボロにされて泣いていた彼女(この子は本当に薄幸と言うしかない。彼女視点で物語を見ると健気過ぎて泣けてくる)ですが、かつて彼女のために命を掛けた大人がいたという事実が、僅かながらも救いとなるような気がしてなりません。私にとっての最終回は、もうひたすら天沢勇子の幸せを祈る回となっております!

ありがとう寄稿。

その影にはヘレンという謎の美女が見え隠れするのですが、彼女の正体は闇の中に隠されたまま。事件の関係者達がそれぞれのルートで独自に事件の真相を探り、彼らが集めた情報を照らし合わせると、そこに驚きの真実が明らかになりました。

感想・書評「パンの大神:アーサー・マッケン」ネタバレ注意・ロンドンの社交界で次次と著名人が自殺していく怪奇事件が発生(レビュー)。 #読書 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。

母親に自分の存在を否定されて茫然自失になった、主人公のキョーコが敦賀さんをコーンと勘違いして全力で抱きつき、恥も外聞もなく心の底から大泣きした後、正気に返ったところから始まります。

キップ・ビート!38巻(仲村佳樹)感想ネタバレ注意!あらすじ・自分の中の敦賀さんの存在の大きさを自覚するキョーコにドキドキ…。 #COMIC | 大人がおすすめる漫画日記。