読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ハリガネサービス10巻(荒達哉)感想ネタバレ注意!あらすじ・…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ハリガネサービス 10巻 荒達哉

バレーインターハイ東京予選準々決勝が始まる。対戦相手は人間だろうと邪魔なものは壊してしまうという雲類鷲(うるわし)が中心で平均身長が12cmも高い王葉(おうば)工業高校。下平達豊瀬高校は勝つことが出来るのか!?ということで、またも強敵が出てきます。雲類鷲の威圧感がすごい。

ムキムキの長身でブロックしてきた相手の手ごと粉砕したというエピソードは圧巻。それでも中学の時はちょっと馬鹿っぽくて純粋で可愛いんですが。こういう元々が純粋なキャラは母性本能がくすぐられます。王葉工業高校も歪んだ上下関係があるみたいだし、早く倒して更正させてあげて、、。
ただこの試合狙った所に必ずサーブが入る下平が、空調のせいで入らないと分かったとき開始早々ですがもうだめかと思いました。上からの雲類鷲の攻撃にブロックすらままならないのに打つすべがない。頑張れ主人公。そして、控えリベロの猫田先輩の出場。猫田先輩ってこんなに美少年だったっけ。小さい体を活かしてチームを救う彼に目が釘づけです。