読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

プレゼントは真珠3巻(斎藤けん)感想ネタバレ注意!あらすじ・お父さんの年齢が33歳という予想以上に若かったことにすごくびっくり…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「プレゼントは真珠」3巻 斎藤けん・著

この3巻では、冒頭でエドワードのお父さんが初登場しました。まず第一に、お父さんの年齢が33歳という予想以上に若かったことにすごくびっくりしました。でも時代設定を考えると、10代で結婚するのもごく一般的だったであろうから、おかしくはないですね。お父さんはエドワードそっくりのかわいらしい笑顔と、泣くポイントも同じで似た者同士なのが微笑ましかったです。
そして、常にエドワードに寄り添って厳しいツッコミを入れまくっていたアーサーが14歳だったことも、けっこう衝撃の事実でした。年下にあそこまで毒舌全開の物言いをされていたのかと思うと、ますますエドワードのへたれっぷりが際立って見えて笑ってしまいます。
またニコラスが脚だけ見て惚れ込んでしまった女性が、実は友人レイモンドであり、レイモンドは自分が女性であることを隠しているというエピソードが一番面白かったです。ニコラスには知らされていない事実が多いので、見ているこちらはもどかしく感じますが、今後の2人の関係がどうなっていくのか気になります。

ありがとう寄稿。

この本は主人公が悪魔と命と引き換えに世界から何か一つを消すという一週間の物語なのですが、私たちの世界には『なんでこれはあるんだろうか』と思うものがたくさんあります。

主人公が悪魔と命と引き換えに世界から何か一つを消すという一週間の物語…感想・書評「世界から猫が消えたなら:著者 川村元気」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書 - みんなの芸能ブログ。