読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

トクサツガガガ4巻(丹羽庭)感想ネタバレ注意!あらすじ・仲村さんは子供向けの特撮ヒーロー大好きなOL…。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

丹羽庭『トクサツガガガ4』、特撮って何?という人にも(人にこそ?)オススメ!

丹羽庭『トクサツガガガ4』を読みました。
仲村さんは子供向けの特撮ヒーロー大好きなOL。でもオタクであることは徹底的に隠して生きていて、会社では女子力が高いなんて勘違いされちゃってます。吉田さんという特撮オタク(特オタ)仲間ができて一緒にイベントに行ったり・・行きつけの怖い顔のコンビニ店員(女児向けアニメオタク)にもカミングアウトして商品の情報もらったり・・なんだかんだと楽しくやっていたのですが、新たに会社にやってきた北代さんがどうも仲村さんにキツーく当たるのです。

仲村さんの趣味がばれちゃって、「そばに来られることが迷惑」「目障りなのよ」とまで言われてしまいました。どうして?というところから始まった四巻ですが、この巻で北代さんの秘密が明かされます。北代さんは実はアイドルオタクだったのですが、どうやらそれを暴露されて辛い思いをした経験があるらしく、オタクをカミングアウトして開き直っているらしい仲村さん(それは勘違いなのですが)に嫌悪感を持っていたようなのです。仲村さんは北代さんの思いを知り、ちょっと二人の距離が近づきます。
この漫画、「特撮オタク」というあまり知らない世界のことがわかるのも面白いのですが、ギャグが最高なんです!仲村さんのオタクぶりとそれを隠す涙ぐましい努力も笑えるし、悪い人が誰も出てこない!いつもゲラゲラ笑いながらもハートフルな展開になります。ゲラゲラ&じーんという不思議な漫画。
そしてこの巻ラストの二話!ほんと、いいです!北代さんとアイドルオタク仲間のみやびさんが仲直りするきっかけに、一緒にカラオケに行きましょう!と誘う仲村さん。そこには実は下心がありました。仲村さんと特オタ仲間の吉田さんだけでは特撮ヒーローソングの「やたらめったにかぶせてくる」重複パートが歌えないことが悩みだったのです。もっと仲間がいればなーなんて思っていたので、コンビニ店員、通称任侠さんも誘って五人でカラオケに行くことに(低音もゲット!)。事前にお互い歌いたいものを言い合って、ばっちり練習済みで当日を迎えます。
任侠さんには出ない女の子アニメのキーの高い歌を一緒に歌う仲間たち。北代さんらの歌うアイドルソングの振り付けを間違えながらも必死でやる仲間たち。特撮ヒーローものの主題歌をばっちりパート担当してくれる仲間たち。もうねー、泣けます。分野は違えど、オタク同士仲間になれるんだなあとオタクのパワー、オタクの熱さを知りました。最後、最高に盛り上がって全員で女の子アニメの決めポーズをしたら・・「ドリンクでーす」と入ってくるカラオケ店員。皆さん外では常識的オトナを装っているので、一気に酔いがさめ、テンションダダ下がり・・と思ったら、なんと店員さんも決めボーズ!ここにも仲間がいた!という意外なラストがまたほっこりです。
この巻には他にも、仲村さんと初登場のちさとちゃん(姪っ子、四歳)とのふれあいなども描かれてます。この子がまた可愛くて。仲村さんが振り回されながらもけなげに叔母さんを頑張ってるのが、ファンには嬉しい限り。
『特撮ガガガ』、特撮好きにはもちろん、そんな世界ちっとも知らないわ~という人にでも楽しめること請け合いの漫画です!

ありがとう寄稿。

わたしが、江國香織の作品にほれ込み始めて、大人の恋愛に妄想ばかり膨らんだ作品です。

江國香織の作品はすべて読んでいるけれど、とにかく素敵なのは、言葉の選び方、センス。単語が並んでいるだけなのに、読んでいるだけで江國香織の世界観に引き込まれてしまう。

感想&書評「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木(江國香織)」(ネタバレ注意)感想レビュー・花屋のオーナー、雑誌編集者、モデル、主婦、アルバイト、会社員など。合計9人の女性が、それぞれの生活の中で恋愛をしている。 #Novel | おすすめ面白い小説用ブログ。