読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「シーラという子:トリイヘイデン」ネタバレ注意・アメリカの特別支援学級の先生の実話。幼児虐待や児童が起こす事件について(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

シーラという子 トリイヘイデン

アメリカの特別支援学級の先生の実話です。アメリカの幼児虐待や児童が起こす事件について身近に感じることができました。恐ろしいという反面、主人公のシーラのたくましさやかわいらしさに心を打たれて一気に読んでしまいました。日本でもかつて子供が起こした悲惨な事件がいくつかありましたが、シーラの起こした事件は三歳の男の子に火をつけるというとんでもないことです。

これを非難し、悲しむと同時になぜそんなことが起こってしまったのか、親の離婚や虐待などシーラの幼児期の環境によって起こってしまった悲しい事件として考えさせられました。もちろん悪いことは悪いことです。すべての事件にはもちろん当てはまりませんが人が更生し、いろいろな場面で葛藤していく様が見れて面白かったです。被害者の子供はかわいそうなトラウマを植え付けられたとは思いますが、今は立派になっているはずのシーラが幸せになっていることを願わずにはいられません。

ありがとう寄稿。

主人公の女子高生である謡は、中学生の頃に暴行未遂事件の被害者になった暗い過去を抱えていました。以来、男嫌いになってしまいますが、それでも恋をして前に進みたい謡が出会ったのは、年上のギター職人である戸野田でした。謡と戸野田の恋愛模様を描いた少女マンガです。

初恋ダブルエッジ・マンガ最終回・結末予想ネタバレ注意!戸野田と謡が愛を貫くハッピーエンドになってほしいです。 - ジャンプ部屋ブログ