読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

斉国編完結!暁のヨナ21巻/草凪みずほ・感想ネタバレ注意!あらすじ・ヨナとリリを助けるための戦いがいよいよ決着…。 #COMIC

寄稿 マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

暁のヨナ/草凪みずほ 斉国編完結!!

奴隷として斉国に連れていかれたヨナとリリを助けるための戦いがいよいよ決着する21巻。あまり登場の機会のない部族長達が活躍するのが嬉しい!ハクの生まれ故郷である風の部族の人たちとヨナが再会するところが感動的。国につかえるものと、国を追われた姫。遠くからの再会だったけれど、お互い心が通じている。よく考えてみれば、ヨナとハクが風の部族を旅立ってから、二人が今どうしているのか、生きているのかも解らなかった残された人達だ。戦場での再会だったけれど仲間にであった、二人ぼっちじゃない、元気な二人を見れてよかったね。

そして水の部族、族長の娘リリ。リリー!!頑張ったよ!リリ。いつもヨナのように強くなりたいと言ってままならない自分を責めていたけど、リリは水の部族長の娘としてふさわしい強い女性だと誇らしい気持ちに。

因縁の相手である、ハクとスウォンの対面は、何度見て辛くなる。二人が国を共に治めていたなら、どんなことも乗り越えられたかもしれない。道を違った二人の心を思うと…信頼し友であった過去を真っ向否定し憎めたなら楽なのになぁ。自分でもどうしたいのか解らずただ苦しい気持ちにとらわれてる三人の心がいつか1つになるときがくればと、この先の物語に願う。

コミックの最後には番外編が。相変わらずのユン君にこっちまで「お母さん!!」とツッコミを入れてしまう。ピリピリした本編とは違うヒトコマが面白かった。

ありがとう寄稿。

映画「千と千尋の神隠し」、その独特のストーリーは泣ける、についてです。よろしくお願い申し上げます。

大人の世界に足を踏み込んだ、社会人なりたての方にもお勧めできる感動的な「泣ける」作品…感想レビュー「千と千尋の神隠し」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - ナカノ実験室

誰もが無駄だと分かっていても竹ヤリで敵を刺す練習をし、赤紙を受け取った青年をバンザイで見送り、農家でありながら大半の米を供出し大根等でかさ増ししたご飯を食べ、空襲に怯え、勉強二の次で農作業の手伝いに駆りだされ・・・・・

おすすめ泣ける映画感想レビュー「火垂るの墓」野坂昭如さんの実体験を元に描かれたとの事(ネタバレ注意)。 - みんなの恋愛ブログ。