読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

少年と老人の交流がなんとも言えず心にジーンときます…感想レビュー「シネマパラダイス」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

シネマパラダイス。いつ見ても、毎回泣きます。

少年と老人の交流がなんとも言えず心にジーンときます。なんでもない場面にも涙が出てしまいます。例えばシネマパラダイスという町の広場にある映画館の窓から通りを老人が見下ろしている場面にも、なんともいえない懐かしさを感じ、涙が出ます。

少年が青年になり別れの時、駅のプラットホームで老人はずっと最後まで、背中をみせています。どんなに寂しいか、何もしない背中だけのその姿が強くこちらにつたわってきます。老人は少年に映画の面白さを教えます。少年は老人に試験の答えを教えたり、年を超えて強く結ばれる二人の姿にまた涙します。昔のフイルムは燃えやすく映画館は火事になり、老人が危ないところを少年が助けます。大火傷を負った老人の後を少年が受け継ぎます。少年にとって老人は友人であり、師であり、父であり、仕事仲間であり、老人にとって少年は友達、守る対象、支えであり、希望です。二人の強い絆が、懐かしい映像、音楽とともに、じんわりと伝わってきて涙が止まらなくなります。少年は有名な映画監督になり、故郷に帰ってきます。老人との思い出、自分の子供の頃、青年の頃を思い初老の男が一人泣き続けます。

ありがとう寄稿。

0歳児は絵本が分かるのかなと最初は不安でした。しかし、様々な工夫がされているので初めて絵本を見せた時から現在まで、目を輝かせながら読んでくれています。

感想・書評「ふれあい親子のほん 0さいだもん:無藤隆」ネタバレ注意・0歳児は絵本が分かるのかなと最初は不安でした(レビュー)。 #読書 - ジャンプ部屋ブログ