読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

コタローは1人暮らし【2巻】津村マミ/感想ネタバレ注意!あらすじ・4歳なのにアパートで1人暮らしをしているという設定が面白い…。 #COMIC

マンガ 寄稿 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

コタローは1人暮らし【2巻】 津村マミ:4歳児がわけあって1人暮らしをしている・・・

ちょっと変わった男の子(コタロー)が、4歳なのにアパートで1人暮らしをしているという設定が面白い。きちんと自分で買い物もし、料理も作る。大人より生活力があるんじゃないかと思えるくらい。物語は、コタローとアパートの住人、狩野、田丸、美月さんとのやり取りを中心にして進んでいく。

ギャク漫画のようにストーリーは進んでいくが、なぜか親と一緒に暮らすことのないコタローをみて、狩野たちはコタローの保護者のようにふるまう。彼らとコタローの姿を見ているとほっこりと優しい気持ちになり、涙が出る。この2巻の「ナツマツリ」という回では、コタローの通う幼稚園で夏祭りを行なうことになる。狩野は幼稚園の保護者会に出席するが、ほかの保護者たちが夏祭りの手伝いをすることを嫌がる中、狩野は自ら手伝いをすることを申し出る。本当の親ではない狩野達だが、本当の親以上に親であるようにふるまうのである。本当の親ではないことを浮き彫りにすることで、コタローの孤独を表現しているのだ。コタローが1人暮らしをしている理由がだんだん明らかになっていくが・・・。次の巻が出るのが楽しみな漫画の一つである。

☆今日のブログ飯(ビラ作りとか、消耗する)

子供の視点からみた名言が多くあり、子供のときの純粋な気持ちなど、そういえばそうだったかもしれないと、幼いときの心情や思い出などを思い出させてくれて、非常におもしろく時間がたつのを忘れて読むことができました。

感想・書評「見てる知ってる考えてる 世の中にはこんな10歳がいるのか:中島芭旺君」ネタバレ注意・10歳にしてこんな考え方ができるのかとびっくりしました(レビュー)。 #読書 - ナカノちゃんねる