読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

普通の家族のお父さんが、同僚にうちの嫁を誘惑してくれないか?から始まります…ふればなおちん:小田ゆうあ/感想ネタバレ注意!あらすじ。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ふればなおちん 小田ゆうあ をよんで

この漫画は、とある普通の家族のお父さんが、同僚にうちの嫁を誘惑してくれないか?から始まります。
衝撃としか言いようがなく、同じ女から見てとても不快に思いました。なめてんなあと。
ですがこの半分冗談で言われたモテ男くんは、まさかの意外にも女を見る目があった。かなりあった。
そして、まさかまさかの女から妻、オカンになってしまっていたおしゃれのおの字もなくなったけど、懸命に家族のために生きていた女に惚れていくのだった。
この一見ただの不倫では?と思うところが、最初に旦那さんがけしかけたからだろうか?なぜかとても悪いことのように思えなかったのです。それどころか、そんな家族のために家の中を守ってきた素敵な妻に対してそんななめてるようなこと言った旦那から始まったことなのだから、自業自得だなとまで思いました。どんどん恋して綺麗になる妻。綺麗になったら、気づくなんて遅いのよ。
女をあまくみないでほしいなと思う作品。

ありがとう寄稿。

日本人から縁が遠いものになりながら、今でも日本人の教養の一部として根強く生きている漢詩。「国破れて山河在り」「年々歳々花相似たり」などの漢詩は今でも人気を誇っている名句と言えるでしょう。

感想・書評「漢詩の名句・名吟:村上哲見」ネタバレ注意・自由奔放な李白や謹厳実直な杜甫、さらに自然派詩人として知られる王維といった漢詩人に関するエピソード(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。