読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「スレイヤーズVSオーフェン(全一巻)神坂一・秋田禎信」ネタバレ注意・富士見ファンタジアで連載されていたライトノベル「スレイヤーズ」と「魔術士オーフェン」のコラボ小説(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

スレイヤーズVSオーフェン(全一巻) 神坂一・秋田禎信 魔導士&魔術士の協力タッグ

リナ・インバースはトラブルにより、ライバルである白蛇(サーペント)のナーガに昼食を食べられてしまう。その恨みを晴らすべく逃げた彼女を追いかけるリナだったが、そうこうしているうちに知らない街へと引き寄せられた。それとほぼ同時期にオーフェンもまた、知り合いの変態執事キースに連れられて見知らぬ街へとたどり着く。

それぞれがそれぞれの日常を過ごしていたなか、出会ってしまった最強の二人がタッグを組んで暴れまわる!
かつて富士見ファンタジアで連載されていたライトノベル「スレイヤーズ」と「魔術士オーフェン」のコラボ小説。そのため2つの作品を読んでいた人向きではあるものの、好きな人にとってはたまらない内容に仕上がっている。それぞれの作品の主人公・リナとオーフェンのコンビやライバル同士のナーガ・キースコンビのやりとりが読めるのもコラボならではと言える。また両方の作者がチャットを使用して、自分の作品のキャラを書きながらプロットを作ったという経緯もあってか、キャラ崩壊等といった心配もなく楽しめる。二つの作品ファンに読んでほしい一冊だ。