読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

土竜の唄2巻/感想ネタバレ注意!あらすじ・闇カジノに潜入しそこで一悶着を起こしヤクザに認めてもらい組に入るという作戦…。 #COMIC

寄稿 マンガ 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

タイトル:土竜の唄2巻 著者:高橋のぼる

この漫画は潜入捜査官の菊川玲二が潜入捜査としてヤクザの組にはいる物語です。2巻ではカジノに闇カジノに潜入しそこで一悶着を起こしヤクザに認めてもらい組に入るという作戦をたてた菊川玲二、その作戦通りにまずはルーレットで勝つ、そして賭けるチップが大きいところでルーレットの途中でチップを動かすというイカサマをします。

もちろんこれは闇カジノのバックにいるヤクザをおびきよせるためわざとした行動です。この漫画の主人公菊川玲二の凄いところは運がとても強いということです。僕から言わせるとこち亀の両さん並みだとおもいます。なんだかんだでヤクザと兄弟分の盃を交わすことになったのですがその過程がぶっとんでいて本当に面白いです。現実にやっていたら完全にいかれてますけどね。かなり下ネタも含んでいる漫画なので大人向けだと思います。菊川玲二の周りのキャラクターもとても魅力があります。同じ警察の上司もかなりぶっ飛んでいるのでみていて本当に面白くスカッとする漫画です。