読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 綾辻行人」ネタバレ注意・一番ポイントは登場人物のあだ名が全て歴史上の人物だということです(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 綾辻 行人 まさにラストに仰天。

私はもともと〇〇の殺人といった題名の本はあまり手に取らないことが多かったのですが、作者が綾辻さんということで読んでみることにしました。するとどうでしょう、寝ることも忘れたように、ずっと活字だけを追う2日間を過ごしてしまいました。本当にいつの間に引き込まれたかもわからないくらい、本の世界にのめりこんでしまい、現実に戻ってきてもまだ本のことを考えてしまうくらいでした。

この本の一番ポイントは登場人物のあだ名が全て歴史上の人物だということです。本名が出てくるのは最初の紹介文だけではないでしょうか。また、様々な視点で物語が語られることもポイントと言えるでしょう。登場人物一人一人に着目しているので、より深くその場面に入ることができます。そして、この本の結末は一行で書いてあるといっても過言ではありません。誰1人としてこの結末を予想できないのではないかと思います。それくらい衝撃的な結末であったということです。その一行を読んだら、ページを遡らずにはいられなくなるでしょう。