読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ファンやマスコミがNHKプロデューサーに対しての質問に歯切れが悪くかつ的外れな解答・2016年NHK紅白歌合戦。12月31日/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

2016年NHK紅白歌合戦。12月31日放送

放送前から何かと悪い意味で騒がれた紅白歌合戦ですが評判通りでした。ファンやマスコミがNHKプロデューサーに対しての質問に歯切れが悪くかつ的外れな解答でどうなるのか気になっていました。担当プロデューサーは今年で引退するつもりと意見を述べておられた細川さんの不出場には出場されるか否かの問い合わせはもちろん確認もしないで自分弁護の発言をしていましたし、ヒットのない人は出場させないとも発言していましたが、それでは何故松田聖子さんや歌手でもない大竹しのぶを出場させたのでしょうか。

この番組のファンはあきれた事でしょう。ましてピコ太郎さんが演技中に放送を中断させ9時のニュースを流すなんて他局をはじめとしてこんな不手際な放送は初めて見ました。プロの評論家が後日話しているのを放送で聞きましたが、スマップはやはり出場してくれなかったためマツコデラックスさんとタモリさんに時間稼ぎをさせたと言う発言はその通りで、お二人もいつもの芸ではなくあきれて馬鹿馬鹿しく演技されておりNHKに対する抗議ではなかったのではないかと思います。また訳のわからないゴジラですがあれは何ですか?笑いますね。また瞬間視聴率が40%をこえたとNHKは喜んでいますが実際は紅白歌合戦の放送ではなく放送を切って流したニュースであったことがマスコミで報告されたのを知って笑いました。今回の放送は小学校の学芸会以下だと酷評されていますが小学校が聞いたら怒りますよ。放送前、舞台のことを盛んに宣伝していましたが何があったのでしょうか。国民が100%納得して払っていない視聴料金の無駄使いと言っても過言ではないでしょう。放送内容についてですが、もともと紅白歌合戦とは小さな子供からお年寄りまで、1年を振り返って国民が喜ぶ最高の音楽会であるのは明白な事実です。それを無駄使いして印象が何にも残らない最悪、最低の紅白歌合戦であったことは事実です。NHKの関係者は懺悔して国民に謝罪しなければならないと思うのは私の周りにたくさんいます。1度NHKも会計検査院に調べてもらい視聴料金の無駄使いをしてないかはっきりする必要がありますね。