読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「あかあかくろくろ・著者:柏原晃夫」ネタバレ注意・うちの子供も夢中です!0歳から楽しめるかわいい絵本(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

あかあかくろくろ著者柏原晃夫 うちの子供も夢中です!0歳から楽しめるかわいい絵本

先週待望の第一子、男の子が産まれました。まだ昼夜も分からず視力も0.01程しかない新生児。メリーさんなど音の出るおもちゃは買ってありますが、せっかく産まれた我が子にもっと別の刺激を与えたいと思っていました。
そこで買ったのがこのあかあかくろくろの絵本でした。最初にあか、くろ、しろの色の紹介の後、りんご、ながぐつ、ゆきだるまなどかわいらしい絵が並びます。色彩がはっきりしているので視力の弱い赤ちゃんでもぼんやりと見えるのか、本を開いて見せると目が絵を追っているのが分かります。ただ読み聞かせてぱらぱらめくるだけでも反応してくれますし、絵本をきっかけに話を広げて赤ちゃんに声がけをすることもできます。例えばりんごの絵には一緒に青虫が乗っています。青虫がいるよ、青虫っていうのはこんな虫だよと話しかけることで、赤ちゃんとコミュニケーションが取れます。色もあか、くろ、しろだけでなく、金魚が出てくるページには水色もあります。色彩を通して赤ちゃんに絵本を読む楽しさを伝えることができるのです。
0歳から本を読み聞かせても反応があるのか不安でした。ですが、自分の子供に絵本を読み、実際に目で追っているのを見ているとかわいくて仕方がありません。今は授乳が済まないとずっと泣いているので、寝入る直前の数分しか読み聞かせができませんが、もっと生活リズムが安定してきたらたくさん読み聞かせ、赤ちゃんとコミュニケーションを取るきっかけにしていきたいと思います。