読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「とらわれない:五木寛之著」ネタバレ注意・健康法なんて、趣味で、おもしろがってやればいいんだ(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「とらわれない」五木寛之著(新潮新書)、飄々としいたエッセイ

 本の表紙のデザインを見ると、なにか人生の教訓を垂れる指導書かと思ってしまいますが、実際に読んでみると、飄々としたエッセイです。思いつくままに筆をとった、といった感じですので、肩ひじ張らずに読めます。
 ですから特に教訓めいたものはないのですが、逆に言うと、気楽に生きればいいじゃないか、みたいなものが教訓でしょうか。
 健康法なんて、趣味で、おもしろがってやればいいんだ、なんていうのが、その代表格の意見です。
 一方、まじめなことも言っていて、「第5章 老人もまた荒野をめざす」が、かなりシリアスです。
 たとえば、「嫌老社会」という本の企画を持ちこまれたとき、こんなことを言っています。
 共感を得るだけじゃだめ。最初は反感を持たれ、読むうちに納得せざるをえない、ということが大事。
 なるほどそうか、と思いました。
 あるいは少子高齢化について、老人が増えたために子供の数が減っているのだ、という意見など、ハッとさせられる意見を述べています。
 文章を読むと、たぶんテープ起こしではなく、自筆原稿ではないか、と想像します。
 まあ、気楽に読まれてはいかがでしょうか。