読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「江戸川乱歩傑作選:著者江戸川乱歩」ネタバレ注意・9作品入っており読みごたえもある話ばかりが集まっている本(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

江戸川乱歩傑作選 著者江戸川乱歩

推理ホラー小説の草分けである江戸川乱歩の傑作集。
9作品入っており読みごたえもある話ばかりが集まっている本で、解けそうで解けない暗号を用いたトリックが使われている処女作の二銭銅貨も収録されています。
中でもD坂の殺人事件というお話は明智小五郎と主人公である男が目の前の古本屋にて起きた殺人事件を解決しようとするのですが、そのやり取りや考えがとてもいいですね。
主人公が沢山考えて出した答えは明智小五郎を疑うこと。
この主人公の考えがまた「あ、確かに…」とか「なるほど…」と納得させられるものばかりで読んでいる側も気持ちが入って明智小五郎を疑うようになるんです。
私はこういう話は好きなのでするすると読んでしまいました。
推理小説は実はまだあまり読んだことがない中、江戸川乱歩のホラーを求めて今回この本を手に取ったのですが推理小説への苦手意識は薄らいだ所かとても面白いんだなと気付かされました。
暗号化されている表などが丁寧に書かれていたりしているのも気に入ったポイントです。
推理小説をもっと読んでみたいなと思わせられた本となりました。