読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「マイ・フレンド・マイケル ーMJがいた日々ー 【フランク・カシオ】」ネタバレ注意・マイケルジャクソンと言う1人の男性に、こうも惹かれる物なのかと自分でもビックリ(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

マイ・フレンド・マイケル ーMJがいた日々ー 【フランク・カシオ】

この本に出会ったきっかけは、マイケルジャクソンが2009年の夏にロンドンで開催されるはずだった幻のコンサート「This Is It」と言うドキュメンタリー映画を観たことから始まります。
もともと、マイケルのことは好きでCD等は持っていましたが、スキャンダルに満ちたとされる彼の生き方には、それほど興味が無かったのです、ですがこの映画をきっかけに彼の音楽に対する姿勢やそれを一緒に作り上げているスタッフ達にする姿勢、映画を観終わった頃には、マイケルジャクソンと言う1人の男性に、こうも惹かれる物なのかと自分でもビックリするくらい、彼にのめり込んでいる自分がいました。
その日から、私の生活はマイケルジャクソン一色に、そして彼の事がもっと知りたいと思うようになり、この本を手にしました。著者の「フランク・カシオ」は4歳でマイケルに出会い、以後マイケルが生涯を閉じるまで側に寄り添う事となります。その誰よりも一番近くにいた側近の著者が、世界中のみんなが知っているマイケルとは、まったく違う本当のマイケル、可愛いマイケル、かっこいいマイケル、ちょっとセクシーなマイケル、などなど・・近しい人物しか知り得ないマイケルの魅力を、思いっきり愛情に満ち溢れた目線で書いています。
マイケルがイタズラ好きだった事、キャンディーが大好きで、ツアーで回る特別ルームには、いつも大量のキャンディーが置かれていたなど、本当に愛らしい子供のような心を持ったマイケル。その反面、有りもしないスキャンダルに生涯悩まされ続けていた事、子供の頃から有名で(ジャクソン5のメンバーとして)子供らしい生活は一切送れなかった事への後悔、2度の結婚の真相、そのようなネガティブな事を払拭するように、実の子供達との子育てに没頭する姿。
知らないマイケルがいっぱいで、本当に魅力溢れる内容です。

マイケルがいなくなって、本当に寂しいけれど、真実の姿をもっともっと世界中の人々が知ってくれたら、嬉しい。
お茶目なマイケル、子供と遊ぶのが大好きなマイケル、キャンディーが大好きなマイケル、本当ににありがとう。