読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「GRIT やり抜く力:アンジェラダックワークス」ネタバレ注意・この本を選んだ理由は、販売業で後輩のやり抜く力を育ててスキルアップにつながる事(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

GRIT やり抜く力(アンジェラダックワークス)

まず簡単に言わせていただくと、一部の方には参考になるが、非常にわかりにくいし読みづらい。というのがこの本を読み終えた感想。

私がこの本を選んだ理由は、販売業で後輩のやり抜く力を育ててスキルアップにつながる事で、店舗の生産性を上げたかったからである。

しかし、この本では解決にはならない。なぜそのように思ってしまったか、大きくわけて二つ理由がある。

一つは著者アンジェラダックワークスの人生録ばかりで、なかなか自分のライフスタイルに合っていないという事。
正直この本が自己啓発・ビジネスのトップセラーに並ぶのはどうかと思ってしまうほど、自分の話ばかりで参考にはならない。身内の話が多いのは、アメリカ人なのでしょうがないとは思うが、話の1〜2割なので読むのが大変。

二つ目は解決策に何一つならなかった。
自分の案の押し付けにしか感じられず、要はやる気があればなんでもできる。というパッション的な部分が多く、具体的に試してみようという気は一切起きなかった。

細かい点でいうと翻訳も直訳に感じられる部分が多く、読みづらい。

普段は3回ほど読み返すが、今回は1回で本棚行きになってしまった。残念である。