読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ドラマ「火花」3話/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・ラフレクランの出演シーンなんてなかったのに、エンドクレジットには。 #TV

テレビドラマ感想 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

3月12日放送 「火花」 第3話

Netflixのオリジナルドラマ「火花」がNHKで放送中です。その第3話を観ました。
出演は、林遣都、波岡一喜、門脇麦、好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)ほか。

言うまでもないかもしれませんが、原作は第153回芥川賞を受賞したピース・又吉の著書「火花」です。
原作未読のためどこまで忠実に再現されているのかは分かりません。ですが、主人公・徳永は又吉そのものと言っていいほど、生い立ちやお笑い感や人生感など、かなり“又吉”が投影されています。
ずいぶん昔のことですが、吉本のフリーペーパーで又吉が執筆していたコラムに生い立ちや家族のことなどが書いてあったので、そのへんのことは少し知っていたのです。
そのせいなのか、回を追うごとに徳永が又吉に見えてくるんですよね。演じている林遣都のしゃべり方や佇まい(猫背なところとか)も、すごく又吉に似てる!
林遣都ってこんなに演技の上手い俳優さんだったんですね。

お笑いの世界が舞台のドラマなので、たくさんの芸人さんが出演しているのも見所のひとつ。色々探しながら観るのも面白いです。
しかし今回気になったのは、ラフレクランの出演シーンなんてなかったのに、エンドクレジットにはでかでかとラフレクランの名前が…!
初回放送時の今後の展開(予告みたいなもの)では、ラフレクランはしっかり映っていたので、もしかしてカットされてしまったのでしょうか?ラフレクランが出るの楽しみにしていたのに…。残念です。

今後のストーリー展開も気になりますが、お笑い好きとしてはこれからどんな芸人さんが出てくるのか、というのもかなり気になるところです。
お笑い好きな人にはぜひ観てほしいおすすめのドラマです。