読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

真紀と、すずめと司と輸高がアパートの前で再会を果たすシーンがとても感動的・最終回・カルテット10話/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「カルテット」10話。とても素晴らしい最終回でした。

「カルテット」10話を見ました。
ついに最終回を迎えてしまい、毎週とても楽しみに見ていたので寂しい気持ちでいっぱいです。
執行猶予が付いて一人でアパートにひっそり暮らしていた真紀と、すずめと司と輸高がアパートの前で再会を果たすシーンがとても感動的で、涙が溢れました。
四人は本当に「仲間」だなと思いました。
強い絆で結ばれているのだと確信しました。
軽井沢の別荘にも四人で帰ることが出来て、また四人で一緒にご飯を食べて楽器を演奏することが出来てとても嬉しいです。
大きなホールで演奏をすることが出来、ますますカルテットドーナツホールの絆が深まったと思います。
司と輸高が下の名前で呼び合っているのも面白かったです。
この四人が大好きなので、いつまでもカルテットドーナツホールを続けて欲しいです。
「カルテット」は本当に素晴らしいドラマでした。