読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

怪盗グルーの月泥棒【テレビ感想2017年ネタバレ注意】ミニオンたちと、月を盗もうと企む設定から、普通では考えられないのでとても面白かった。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

怪盗グルーの月泥棒 3月25日

怪盗グルーシリーズはとても好きで、その第一作目の怪盗グルーの月泥棒が放送されて、とても嬉しかったです。
グルーがミニオンたちと、月を盗もうと企む設定から、普通では考えられないのでとても面白かったです。
グルーの敵役のベクターも、ピラニアやイカが飛び出す大きな銃を作ったり、家の中でサメを飼っていたり、とても普通では考えられないことばかりします。
月を盗む際に必要な、ちじませ光線銃をグルーがミニオンたちと盗み出して、その帰り道にベクターに銃を奪われてしまいます。
その銃を奪い返すために、親がいない三人の女の子たちを引き取って、ベクターの家の中に入り込ませます。
最初は利用するためだけに引き取った子どもたちですが、一緒に生活していくうちに、子どもたちを大切に思うようになっていきます。
その親の気持ちが芽生えたグルーの様子には、とてもジーンとくるものがありました。
最終的には、グルーたちはハッピーエンドになり、とてもいい終わり方です。