読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

リバース1話「主人公の深瀬(藤原竜也)の親友、広沢(小池徹平)の10年前の行方不明」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

リバース4月14日放送第一話の感想、自分の思い。

こんなに引き付けられるドラマは、初めてです。ドラマの宣伝の放送から気になってしまいました。ドラマの始まりから、なにかいろいろなことがあるということを連想されられました。主人公の深瀬(藤原竜也)の親友、広沢(小池徹平)の10年前の行方不明。この行方不明には、本当にはなにかみんなが知らないことが、隠されているのも想像されて、気になって仕方ないです。先が知りたくて次の放送まで待てなくて、リバースの本を買いました。

まだ読み始めなたばかりですが。浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)の2人は、共通の秘密を持っていて、村井(三浦)のスノボーに行く前日に事故を起こしたのは、嘘で何か策略が感じられて、ジャーナリストの(武田鉄矢)が、いやらしくしつこく付きまとうのが、もっと隠されていることをあるのだと思うと、やっぱり気になって仕方ない。あの1話だけでも、けっこう私は、いろいろと考えました。広沢は、なにか別荘で事件が起こり、浅見がちらっとこんなことで将来を棒に降りたくないと言っていて、就職も何も決まっていなかった、広沢が、どこに行くのかは、わからないけど、仕方なく行かされたんだと思うと可愛そうと思い、半年後に広沢が白骨死体で発見されたけど、私が思うには、広沢は、本当は生きていて、自分の復讐をしているのではないかな?と思っています。越知美穂子(戸田恵梨香)は、広沢と関係が合って、深瀬の前に偶然のように装って近付いてきたのではと。深瀬とデート中に深瀬の今までの人生は、どのようなものだったのかと聞いたり、どれも繋がりがあるようで、とにかく気になって仕方ないのです。すっかりリバースの虜になりました。本も読みますが、ドラマも観ていきます。珍しく楽しみなドラマです。