読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

打ち切り!?トラウマイスタ(中山敦史)漫画感想・自分のトラウマを『アートマン』という僕にして戦う…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

寄稿頂きました。

トラウマイスタ(中山敦史)

少年マンガとしては暗めな「トラウマ」という単語にまず惹かれ、読んでみると「自分のトラウマを『アートマン』という僕にして戦う」というものでした。
その独特の設定と絵が好きで、毎週楽しみに読んでいました。

「アートマン使い=トラウマがある」ので、それぞれのキャラの過去に衝撃的なエピソードがあり、そういうダークなところもその描き方もこの漫画の魅力でした。

また登場キャラの名前は歴史上の人物(主に芸術家)が、アートマンはその芸術家の作品がモチーフになっていて、パロディ要素とは少し違うかもしれませんが、そこも面白かった点の一つ。
主人公の他に二人のアートマン使いが登場して仲間になり、これからもいろんなキャラクターが登場するんだろうな、と楽しみにしていたら……
突然ラスボス並みの強さをもつ敵キャラクターが登場し、主要キャラが死に、あっという間に最終回を迎えてしまいました。

全く尻切れトンボという訳ではありませんでしたが、ずっと雑誌の一番後ろに掲載されていたので、恐らく打ち切りだったのではないかと思います。
週刊少年サンデーでの連載でしたが、漫画の中で虫を食べるシーンもあったし、少年誌にしては題材が暗過ぎたのかな、とも思いました。

現在中山先生が連載されている作品は青年誌掲載ですが、「トラウマイスタ」のダークな雰囲気は受け継がれています。
その作品は評価されているだけに、トラウマイスタが打ち切りのようなことになってしまったのは未だに悔しい!
今度こそ、中山先生の作品が本当の意味で最後まで読めることを願っています。