ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

小説

「魔力の胎動」 東野圭吾・著 「ラプラスの魔女」前日譚・ネタバレ注意「短編集です」(レビュー)。 #読書

自然現象を言い当てる不思議な能力を持った少女、円華を描いた「ラプラスの魔女」の前日譚としてまとめられた短編集です。

嘘を愛する女 岡部えつ 一気に読んじゃいました。ネタバレ注意「主人公の由加利が、婚約者に騙された話かと予想」(レビュー)。 #読書

桔平の正体が知りたくて、どんな過去を抱えてるのか、知りたくて、知りたくて。一気に読むつもりはなかったのに、いつのまにか最後まで読んでいました。最初は主人公の由加利が、婚約者に騙された話かと予想していました。どんなひどい男なのかと憤慨しつつ…

入れ替わりのストーリーなどと昔からありますが「小説 君の名は。」新海誠 大ヒット長編アニメ映画の小説版、さくさくページが進みます!ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

「君の名は。」とは、2016年夏に公開されて大ヒットした長編アニメ映画です。映画を観た方にもまだの方にもおすすめしたいです。小説は文字の大きさがちょうどよく、特に難しい表現もないので最初から最後まで一気に読むことができました。

「むかし僕が死んだ家」 東野圭吾・ネタバレ注意「主人公が同窓会で元カノに再会」(レビュー)。 #読書

主人公が同窓会で元カノに再会し、その後彼女-倉橋沙也加の悩みと頼みを聞き、主人公はあまり気が乗らないまま、彼女の亡くなった父が娘に嘘をついてまで定期的に通っていた別荘に向かうところから始まる。

「三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事」 百波秋丸・著・ネタバレ注意「グループリソースメンテナンス課」(レビュー)。 #読書

著者は「電撃小説大賞」で見いだされ、2012年にデビューした新進の作家です。 「グルメ課」とは「グループリソースメンテナンス課」を、略した言い方ですが、どうも会社の経費で、あちこち食べ歩いて浪費しているだけのではないかとの疑惑を持たれて、経…

陽だまりの彼女(越谷オサム・著)ネタバレ注意「あれ?何か普通の恋愛小説と違うぞ?」(レビュー)。 #読書

文庫本が発売された頃には興味がなく、手に取ることもなかったのですが、本好きな友人が「これ、面白かったよ」と薦めてくれました。その人はそれまでにもいろいろな面白い本を紹介してくれていたので、「それなら面白いのだろう」と思い購入しました。とは…

少女地獄 夢野久作傑作集(作者:夢野久作):名前しか知らなかった文豪の作品を初めて読んでみて。ネタバレ注意「入門書として紹介されていたこの傑作選でした」(レビュー)。 #読書

恥ずかしながらあまり本を読む人間ではなく、夢野久作という有名な小説家の名前を知ったのも、暇つぶしに読める本をネット上で探していた時のことでした。

船戸与一さんが書いた「おろしや間諜伝説」 を読みました。ネタバレ注意「ゴルゴ13の出生の秘密に迫る日本の公安警察」(レビュー)。 #読書

さいとうたかおさんの作品で有名な、国際的なスナイパーである、ゴルゴ13の出生の秘密に迫る日本の公安警察であり、また外事警察失敗の連続の物語です。

イニシエーションラブ 乾くるみ 二度読み必須!ネタバレ注意「AサイドとBサイドの2部から構成される」(レビュー)。 #読書

イニシエーションラブはAサイドとBサイドの2部から構成される、「たっくん」と「マユ」の恋愛小説。合コンで出会い、徐々にじれったいながらも二人は距離を縮めていくところは多くの人が共感できるのではないでしょうか。私はそうでした(笑)。やがて互いの気…

キリスト教徒だということを知って、興味を持ちました。「海と毒薬」遠藤周作 戦時中にこんなことが・・・ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

遠藤周作さんがキリスト教徒だということを知って、興味を持ちました。この方の作品を色々と読みましたがつい最近、読んだもので1番衝撃的だったのが「海と毒薬」でした。この作品は実話に基づいているとのことで実際にこんなことが戦時中に行われていたと…

感想・書評・大沢在昌の闇先案内人 文芸春秋社・ネタバレ注意「創作に8年のかけたと言うだけあって、初めから本の世界にひきずりられっぱなし」(レビュー)。 #読書

いやーまいったまいった,この本はすごい,創作に8年のかけたと言うだけあって、初めから本の世界にひきずりられっぱなしでした。

感想・書評・大沢在昌「ブラックチェンバー」ネタバレ注意「日本のヤクザやロシアのマフィアと争うそういった物語」(レビュー)。 #読書

久しぶりに大沢さんのブラックチェンバーを買いました。 大沢さんは新宿鮫で有名になって、新宿鮫シリーズやいろんな魔女シリーズなども 書いている僕の好きな作家の一人です。

感想・書評・少女パレアナ エレナ・ホグマン・ポーター 人生の教訓になった一冊です・ネタバレ注意「どんなに辛く悲しいことも、何でも喜ぶというゲーム」(レビュー)。 #読書

孤児になった11歳の少女パレアナは、子供嫌いで気難しい叔母に引き取られ、大きく立派な屋敷で生活を始めます。貧しい生活をしていたパレアナは、初めて目にする立派な家具や高級な絨毯などに感激し、屋敷での生活に期待を膨らませていました。

感想・書評・あなたのいない記憶 辻堂ゆめ 宝島社・ネタバレ注意「心理学の観点から真相を突き止めていこうと主人公」(レビュー)。 #読書

あらすじと作者の名前だけで購入した小説でしたが、満足度の高い素敵な作品でした。主人公とその幼馴染が大学で再開し、昔の話をするのですが、二人の記憶がどこかかみ合わない。

感想・書評「かがみの孤城」 辻村深月・著・ネタバレ注意「2018年の本屋大賞に選ばれ話題となった作品」(レビュー)。 #読書

2018年の本屋大賞に選ばれ話題となった作品です。ミステリー作家というイメージの強い辻村深月さんですが、これはファンタジー要素の強い物語でした。

感想・書評「緑の庭で寝ころんで」 宮下奈都・著・ネタバレ注意「ファンケルの情報誌でたまたま掲載されていた「育児ときれい」」(レビュー)。 #読書

「羊と鋼の森」で本屋大賞を受賞し、一気に知名度を上げた宮下奈都さんのエッセイ集です。 この本にも収録されていますが、化粧品会社ファンケルの情報誌でたまたま掲載されていた「育児ときれい」を何気なく読み、予期せず涙がドバドバと出てしまい、そんな…

感想・書評【雨と詩人と落花と】葉室麟 歴史小説です。ネタバレ注意「天領の豊後肥田、私塾咸宜園の塾主である広瀬旭荘は二度目の妻・松子との日々」(レビュー)。 #読書

昨年 逝去された 葉室麟先生の新刊です。 作家のふるさとが、舞台。

感想・書評「お伊勢ものがたり 親子三代道中記」 梶よう子・著・ネタバレ注意「江戸から伊勢へ百十四里の旅をした、祖母・母・孫娘」(レビュー)。 #読書

女性が旅をすることが、とても珍しかった時代に、江戸から伊勢へ百十四里の旅をした、祖母・母・孫娘の女性3人の道中記です。 お伊勢参りなので、今でいうツアーコンダクターのような「御師」が同行します。が・・全く初めての新米の「御師」なのです。

感想・書評『エトロフ発緊急電』佐々木譲。久しぶりに入浴も食事も忘れて読みふけった歴史ミステリー。ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

佐々木譲という作家を今まで知らなかった自分が残念だった。この作品を読んでから次から次へと読み進めて行った。日本にこんな素晴らしい歴史小説でもありミステリーでもある作品がずっと前に世に出ていたなんて。太平洋戦争勃発直前の日本とアメリカの諜報…

感想・書評・はなちゃんのみそ汁、安武信吾・千恵・はな "生きることは、食べること"感動の記録です!ネタバレ注意「33歳で逝った母が5歳の娘と交わした約束」(レビュー)。 #読書

『私はがんになった後に、ムスメを授かりました。だから、この子を残して、死ななければなりません。』33歳で逝った母が5歳の娘と交わした約束、それは『毎朝、自分でみそ汁を作ること。』だから、はなちゃんは毎朝、みそ汁を作る。

感想・書評・ゆめにっき あなたの夢に私はいない 【 原作】ききやま【 執筆者 】日日日 夢の中を彷徨う少女達・ネタバレ注意「フリーゲーム、公認ノベライズ本」(レビュー)。 #読書

大人気フリーゲーム、ゆめにっきの公認ノベライズ本を読んでみたので感想をかきたいと思います。私自身、ゆめにっきというフリーゲームが大好きで半年に1度はやり直しています。おさげの女の子が自分の夢の中の世界を散歩する、といった内容で目的なんて必要…

感想・書評・帚木蓬生の守教を読んで、殉教がすごいことだち思った・ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

久しぶりに帚木さんの新刊が出たので読んでみました。 この作家の方は上下巻の2巻組が多いので長編小説ファンの私には合っています。

感想・書評「ラプラスの魔女」東野圭吾 温泉での事故は他殺だった?衝撃のラストに最後まで目を離せない!ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

始まりは温泉地で起きた事故。 有名映画監督が硫化水素中毒で死亡します。 そこから、別の場所同様の中毒事故が起きていたことが判明。

感想・書評・今野敏さんの「レッド」という本を読みました、これが面白い!ネタバレ注意「ストーリーの途中から目が離せなく」(レビュー)。 #読書

今野さんの本はもう誰にも何冊も読んでますが、大体において警察のものが多く、今野さんの警察ものの本は佐々木譲さんの本当並び称されるように安心して読むことができます。

感想・書評・東野圭吾の「真夏の方程式」を読んで感じた事は!ネタバレ注意「導入部分が、 私にこの本を買わせたポイントでした」(レビュー)。 #読書

久しぶりに東野圭吾の本を見つけたので買ってしまいました。 帯に書いてある言葉「君は科学の楽しさを知らない。この世は謎に満ちている」

「仮装集団」「山崎豊子」勤労者音楽の人間劇・ネタバレ注意「ドロドロとした人間の欲望が渦巻くドラマです」(レビュー)。 #読書

山崎豊子のドロドロとした人間の欲望が渦巻くドラマです。勤労者音楽で成功しようとする主人公とその周りで甘い蜜を吸おうとする人々のお話ですが、人間の建前という仮面を取ったらこんなにもハラハラするのかと音楽の物語と思えないほどの大人の世界です。

「悪いうさぎ」 若竹七海・著 女探偵・葉村晶シリーズ・ネタバレ注意「フリーの女探偵「葉村晶」が主人公です」(レビュー)。 #読書

フリーの女探偵「葉村晶」が主人公です。長編ですが、話に引き込まれて、どんどん読み進んでいきます。「葉村晶」は、事件に巻き込まれてけがをして、やっと回復したばかりです。 家出中の高校生を連れ戻す仕事を請け負います。その高校生の友人も行方不明に…

感想・書評「コーヒーが冷めないうちに」(川口俊和):「4回泣ける」と書かれた帯に惹かれて読んでみたネタバレ注意(レビュー)。 #読書

過去に戻れるという喫茶店で起きる奇跡の物語…と非現実的な設定にも関わらず本の内容に引き込まれました。それは、登場する人物たちの心理描写がすごく細かく書いているからだと思います。この小説は、4人の女性が主人公となり、それぞれの物語が描かれてい…

感想・書評・又吉直樹が描く恋愛小説『劇場』ネタバレ注意「演劇を作り出す永田とその恋人の沙希の恋愛物語」(レビュー)。 #読書

『火花』で芥川賞受賞、大ベストセラーとなり、一躍時の人となった芸人ピース又吉直樹さんの第2作目である『劇場』は恋愛小説とのことで楽しみにしながら読みました。いい意味で文芸作品だな、と感じました。

感想・書評「さよなら、田中さん」 鈴木るりか・著・ネタバレ注意「主人公である小学6年生、田中花実ちゃん」(レビュー)。 #読書

中学生作家誕生という話題性に惹かれて手に取ったのですが、子どもが書いた作品だという先入観を持たずに読んでみたかった、と少し後悔しました。作者の年齢を加味せずとも見事な構成と文章力で、たくさん笑ってたくさん泣かされました。