ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

寄稿

感想・書評・斎藤一人著 変な人が書いた人生の哲学を読み、気になるは「お金の哲学」。ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

高額納税者日本一の斎藤一人さんに凹んでしまった際には、すがるように助けを求め読んでいます。「変な人が書いた」シリーズの最新刊といっても良いと思います。本自体は、行間が広くとってあり、分かりやすい表現で書かれています。

感想・書評・スターウォーズ解体新書 マサチューセッツスターウォーズラボラトリー著・ネタバレ注意「旧三部作だけが公開されていた時期で古いものなのですが詳細でマニアックな考察」(レビュー)。 #読書

スターウォーズの研究本ですが、イラストや図は一切なく読み物として面白かったです。この本が書かれたのはスターウォーズの旧三部作だけが公開されていた時期で古いものなのですが詳細でマニアックな考察に基づいて書かれているので全く古さを感じないし、…

感想・書評・50代から始める知的生活術を書いた外山滋比古さんの本はとても役に立ちます。ネタバレ注意「人生二毛作を推奨しています」(レビュー)。 #読書

この本を選んだ理由は自分が来年50代に突入するからです。そういうときにこの本に巡り会いました。 男性が書かれているためか男性向けに書いてあって多少私には向いていないこともありますが、所々参考になります。

感想・書評・ウドウロク(有働由美子 著)を読んで・ネタバレ注意「不妊治療等の話も赤裸々に綴られ」(レビュー)。 #読書

有働さんは「おそらく元々頭が良く、常にポジティブでアクティブに進み続けている人なんだろうなぁ」とこの本を読むまでは思っていました。「自分とは遠い世界にいている人なんだろうなぁ」とも。それがこの本を読み進めていくうちに覆されました。

看護師が末期の患者の点滴に異物を混入させる惨劇「早く辞めてしまえば良かったのです」 #気になるニュース2018年

看護師が点滴に異物混入させて末期の患者を次々と毒殺していた事件。 犯人は捜査線上に上がってた人で間違いないようですね。

川村元気さんの『億男』を読みました・ネタバレ注意「お金」に関する欲望を解決しようと、奮闘する一男を描いた作品(レビュー)。 #読書

川村元気の億男を読みました。 これは文庫本で、あとがきはなんと映画「億男」に主演したアノ俳優が書いています。

自民党の大臣が災害時に宴会をしていたニュース。安倍首相に関するニュースは悪いものばかりです。 #西日本豪雨災害

最近気になっているニュースは、安倍首相や上川法務大臣をはじめとした自民党議員が、7/5の災害時に宴会を開いていたというものです。

「魔力の胎動」 東野圭吾・著 「ラプラスの魔女」前日譚・ネタバレ注意「短編集です」(レビュー)。 #読書

自然現象を言い当てる不思議な能力を持った少女、円華を描いた「ラプラスの魔女」の前日譚としてまとめられた短編集です。

女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび 古内一絵・ネタバレ注意「昼間は、ダンスファッション専門店シャールとして」(レビュー)。 #読書

とある街の路地裏に。 マカン・マランはひっそりと営業している。 昼間は、ダンスファッション専門店シャールとして。 夜は、お針子仲間たちのまかないを作るマカン・マランとして。

嘘を愛する女 岡部えつ 一気に読んじゃいました。ネタバレ注意「主人公の由加利が、婚約者に騙された話かと予想」(レビュー)。 #読書

桔平の正体が知りたくて、どんな過去を抱えてるのか、知りたくて、知りたくて。一気に読むつもりはなかったのに、いつのまにか最後まで読んでいました。最初は主人公の由加利が、婚約者に騙された話かと予想していました。どんなひどい男なのかと憤慨しつつ…

入れ替わりのストーリーなどと昔からありますが「小説 君の名は。」新海誠 大ヒット長編アニメ映画の小説版、さくさくページが進みます!ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

「君の名は。」とは、2016年夏に公開されて大ヒットした長編アニメ映画です。映画を観た方にもまだの方にもおすすめしたいです。小説は文字の大きさがちょうどよく、特に難しい表現もないので最初から最後まで一気に読むことができました。

「むかし僕が死んだ家」 東野圭吾・ネタバレ注意「主人公が同窓会で元カノに再会」(レビュー)。 #読書

主人公が同窓会で元カノに再会し、その後彼女-倉橋沙也加の悩みと頼みを聞き、主人公はあまり気が乗らないまま、彼女の亡くなった父が娘に嘘をついてまで定期的に通っていた別荘に向かうところから始まる。

「三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事」 百波秋丸・著・ネタバレ注意「グループリソースメンテナンス課」(レビュー)。 #読書

著者は「電撃小説大賞」で見いだされ、2012年にデビューした新進の作家です。 「グルメ課」とは「グループリソースメンテナンス課」を、略した言い方ですが、どうも会社の経費で、あちこち食べ歩いて浪費しているだけのではないかとの疑惑を持たれて、経…

「老後破産 長寿という悪夢」 NHKスペシャル取材班・ネタバレ注意「ぎりぎりの綱渡り状況の一端が崩れたら」(レビュー)。 #読書

超高齢化社会を迎えた日本で、急増する「老後破産」の過酷な現実を描いたノンフィクションです。 さぁ、自分は、我が家は、大丈夫だろうか?まだ現役で働いている人たちに、ぜひ読んでほしい本です。もうリタイア暮らしになっている人にも、お勧めします。ま…

陽だまりの彼女(越谷オサム・著)ネタバレ注意「あれ?何か普通の恋愛小説と違うぞ?」(レビュー)。 #読書

文庫本が発売された頃には興味がなく、手に取ることもなかったのですが、本好きな友人が「これ、面白かったよ」と薦めてくれました。その人はそれまでにもいろいろな面白い本を紹介してくれていたので、「それなら面白いのだろう」と思い購入しました。とは…

オウム真理教の一連の事件に一区切りが「死刑執行まで30年ほどかかると言われていた記憶が」【気になるニュース2018年】

麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の刑が本日執行されました。 また、死刑が確定している13人の元オウムの幹部のうち6人も同様に本日刑に処されました。

富山交番襲撃事件からみえてきた交番の警察官の拳銃の常時携帯について「逮捕されたのは、元自衛官の21歳の男です」【気になるニュース2018年】

悲惨な事件が起きました。その事件とは、交番にいた警察官が刺殺され、さらに拳銃が奪われ、その拳銃で近くの小学校の警備員が銃殺される事件です。

ロシアW杯 決勝トーナメント一回戦 「日本 vs ベルギー」「ベスト8の壁を越えられず無念の結果」感想。 #テレビ #TV

7月2日。大会前の予想を覆して、快進撃を続けたサッカー日本代表の戦いはベスト8の壁を越えられず無念の結果になってしまいましたが、歴代の試合の中で一番興奮した試合です。

大レースではなくても大盛り上がり必至の競馬ファンなら大注目のレース「福島競馬場で行われる開成山特別というレース」【気になるニュース2018年】

中央競馬は毎週のように行われていますが夏は大きなレースもなく春と秋の谷間の開催という感じで有名な馬も一休みする時期です。

朝ドラ「半分、青い。」鈴愛のライフワークは漫画家ではないのか。秋風は鈴愛に道標を示してくれる?【気になるニュース2018年】

朝ドラ「半分、青い。」では、ヒロイン鈴愛が一大発明を成し遂げる。とされていましたが、漫画家になったので、あれ?と思っていました。

ブロック塀倒壊の問題隠れている大切なこと「違法建築であることを知らなかったと言った高槻市教育委員会」【気になるニュース2018年】

大阪・高槻市の小学校のブロック塀の倒壊。 当初、違法建築であることを知らなかったと言った高槻市教育委員会。 そのニュースを見た時に、「それはないだろ」と思ったのが本音だ。

赤ヘル1975 重松清 広島カープの奇跡と友情の軌跡が熱い!ネタバレ注意「リーグ初優勝と、ペナントレース中の『軌跡』です」(レビュー)。 #読書

近年熱く燃える広島東洋カープ。この本で軸になっているのが、1975年の『奇跡』のリーグ初優勝と、ペナントレース中の『軌跡』です。そこに中学生男子3人が巡り逢った人生の『奇跡』と、友情の『軌跡』がからめられていく展開に、その時代に自分も一緒に生き…

iPhone10周年完全図鑑(flick!編集部)ネタバレ注意「工業製品として興味がある」(レビュー)。 #読書

iPhoneを使っている人は多いだろうけれど、iPhoneの分解をした経験のある人はそんなにはいないのではないでしょうか。この本では、iPhoneが誕生してから10周年の記念ということで、これまでに発売されてきたiPhoneのほぼ全てのモデルが子細に分解されている…

少女地獄 夢野久作傑作集(作者:夢野久作):名前しか知らなかった文豪の作品を初めて読んでみて。ネタバレ注意「入門書として紹介されていたこの傑作選でした」(レビュー)。 #読書

恥ずかしながらあまり本を読む人間ではなく、夢野久作という有名な小説家の名前を知ったのも、暇つぶしに読める本をネット上で探していた時のことでした。

ネットトラブルで男性を刺殺、場所は福岡市の繁華街「41歳闇ウェブの専門家」【気になるニュース2018年】

6月24日福岡市でセミナー講師が刺殺されるという事件は、場所が繁華街であったために周囲を騒然とさせました。刺されたのは41歳闇ウェブの専門家で、常々ネットで嫌がらせをしてくる人物「低能先生」についてサイトに通報しアカウント凍結をさせていたと…

「syunkonカフェ雑記 クリームシチュウはごはんに合うか否かなど」 山本ゆり・著・ネタバレ注意「人気ブロガーの方なのだそうです」(レビュー)。 #読書

普段は必要最低限しかSNSは使わないし人のブログもまったく見ないので知らなかったのですが、山本ゆりさんは人気ブロガーの方なのだそうです。作家の宮下奈都さんがエッセイの中で、人にすすめられるまま読んでみたら予想以上に面白かったと書いておられ…

バラ色の人生 浜崎容子(アーバンギャルド)ネタバレ注意「過去のいじめやトラウマ、思い出話を中心に書き綴っている」(レビュー)。 #読書

バラ色の人生は、ルーフトップで月に一回更新されているコラムが書籍化されたもの。 アーバンギャルドというバンドのボーカル、浜崎容子が過去のいじめやトラウマ、思い出話を中心に書き綴っている。

ドキュメント 憲法を奪回する人びと/田中伸尚 著・ネタバレ注意「内容は、憲法にまつわる人権侵害等を受けた当事者の方が」(レビュー)。 #読書

最近、国会中継などもよく見ていて自分の中で政治について関心が高まっているということもあって、タイトルが気になったので手に取った本です。

大阪北部地震で女子児童がブロック塀の下敷きに。「全国の学校等に緊急の安全点検を実施するような提案」【気になるニュース2018年】

大阪北部地震が起きた際に登校中であった女子児童がコンクリートのブロック塀の下敷きになって亡くなってしまうという悲惨なニュースがありました。

昭和のくらし博物館(小泉和子著)昭和にタイムスリップできる一冊。ネタバレ注意「表紙は、何ともレトロな雰囲気で、窓際に昔のミシンが存在感」(レビュー)。 #読書

最近読んだ書籍は、「昭和のくらし博物館(小泉和子著)」です。 ここ最近、一昔前の昭和の懐かしい生活の模様や、台所用品、季節の手料理に興味関心を持つようになり、この本を手に取りました。