読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「殺人病院―誰も書けなかった病院の裏側:五島誠二」ネタバレ注意・紛らわしい名前から効果がかなり異なる薬の説明があります(レビュー)。 #読書

寄稿 読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

殺人病院―誰も書けなかった病院の裏側 文庫 – 2006/6/28 五島 誠二 (著)

30分程度読みました。病院の怪しい話が暴露されています。紛らわしい名前から効果がかなり異なる薬の説明があります。
家族がらみでも、金銭に大きな影響がありますから人生に役立ちます。逆に知らないなら、医療マネーの餌食になりお金を採取されることになります。効果のない薬と医療費に大金をつぎ込むことを防ぐ基本情報がります。病気と嘘の診断をされて、不安から落ち込むことに意味がないことがわかります。偽装手術から1年間外出できないことになりかねないですし同時に家計の資産が奪われます。退院後も薬と通院費用がかかり、再入院を繰り返したと考えたら恐ろしいです。病院のウソから命を奪われるだけでなくお金をだまし取られている。効果がなく副作用の薬からどのくらい支払うのか、嘘のがん診断から偽装手術を行えばお金をうばえます。素人や知識が乏しい人にならカモにされます。高齢者と生活弱者から医療費をだまし取っています。なぜなら最新医薬品を使用すれば良いのですが、逆に病院の経営を苦しめます。

ありがとう寄稿。

今年、連載20周年を迎えた名探偵コナン。春に公開された映画も大ヒットしていて、コナンファンの私は嬉しい限りです。

名探偵コナンvs.黒ずくめの男たちPART.3(青山剛昌)感想ネタバレ注意!あらすじ・バーボン編、領域外の妹編、緋色の真相編と別れており…。 #COMIC - 面白い漫画を教えてください。