読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「予告犯」小さなことのためにも人は命を懸けられる感動映画・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

映画感想 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

予告犯 小さなことのためにも人は命を懸けられる感動映画。

1、豪華キャストが暗い内容の映画に彩りを与える
映画の内容は失業から仕事や人間関係、社会への不条理さなどを訴える内容で、明るい内容とは言えません。
しかし主演の生田斗真にはじまり戸田恵梨香、鈴木亮平、荒川良々、濱田岳などドラマや映画などでアクセントを加える豪華キャストによって、薄暗い内容に彩りを加えられています。
また豪華キャストそれぞれのキャラクターが立っているのと同時に、サブキャラクター陣もいい味を出しています。
2、まさかの感動映画
予告犯という映画の名前からは想像できない感動が最後に待っています。
私は飛行機内で初めて見ましたが、終盤は涙が止まらず、人目をはばからずに泣いていました。
主人公の生田斗真とその周りのグループの団結力の強さと、小さな目的のため、仲間のために命を賭して社会へと立ち向かっていく予告犯の姿が印象的です。
3、勇気付けらた
小さな目的でも命を懸けて努力、行動することがこんなにも格好いいことなのかと勇気付けられました。
同時に自分も目的を持って何の為に行動していくのか考えさせられました。

ありがとう寄稿。

この本は人はそれぞれ無意識に自分のパターンで生活し、行動していることが書かれていて「何でこの人はこうしないんだろう?」「開けたら閉めろよ」「なんでやりっぱなしで帰るんだよ」など思ってもそれがその人それぞれのパターンなのだと書かれていたので納得して頭の整理ができました。

感想・書評「苦手な人が気にならなくなる本:山崎洋実」ネタバレ注意・無意識に自分のパターンで生活し、行動している(レビュー)。 #読書 - みんなの恋愛ブログ。