読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

原因不明で死産を迎えてしまった妊婦さんの話…鈴ノ木ユウ先生コウノドリ14巻/感想ネタバレ注意!あらすじ・。 #COMIC

寄稿 マンガ 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

鈴ノ木ユウ先生コウノドリ14巻

妊娠から出産までの家族の様子を描いてる漫画で今回の巻はかなりドキドキしながら最新刊を待っていました。
13巻は原因不明で死産を迎えてしまった妊婦さんの話が描かれており、その後に子宮ガンと診断された妊婦さんが来て、今回はその結果が出る回でした。
結果は深刻で子宮摘出をしなければいけない程のガンでした。
それでも出産希望をされて、早めに帝王切開で出産をし、その後に摘出手術という展開にドラマを見ているような気分になりました。
他への転移はなくて赤ちゃんも元気だったので一安心です。

産科医のコウノドリ先生のお母さんは子宮ガンで出産後に亡くなっているので今回の手術成功はより一層嬉しいようでした。
子宮ガン検診をしない人が多いし、ワクチン接種もしてるのは1%程でほぼ0%というのを知って怖くなりました。
私は子宮ガン検診を結婚した時にしているし、今は妊娠中でそこでも検診しましたが、周りの友達ではしたことがない人だって少なくないですから…
コウノドリを読んでいると出産への楽しい気持ちやリスクなどが勉強になるので今後も読んでいきたいです。