読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

IPPONグランプリ11月8日/感想!伊藤修子さん、他の芸人さんに負けず劣らず大喜利…(ネタバレ注意)。 #テレビ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

IPPONグランプリ 11月8日(土)放送

もともと好きな番組です。
本戦放送前に、IPPONスカウトという予選会のダイレクト放送を見ました。(11月1日)
最近、名前が知られてきている若手芸人さんから、初めて見る芸人さん(?)の挑戦は、本戦キレよりやや緩めでした。

そんな中、あのよく通るナレーションのような声色と、絶妙なテンポの良さ、さらに外見のギャップで、圧倒的な印象と面白大喜利で他挑戦者との差を感じたのが「伊藤修子さん」です。
調べるところによると、芸人さんではなく、女優さんだそうです。しかし、本人の「お笑い好き」の趣味から、人気芸人さんと肩を並べて、関西の大喜利イベントに出場しているとのことです。
予選で優勝を勝ち取ったので、本戦への期待も高まりました。

来る本戦、大喜利王道の芸人さんと、過去IPPONグランプリ優勝者の芸人さんが取り揃い、「不意をついて笑わされる大喜利」や「じわじわと笑いが混み上がる大喜利」、楽しめました。
初出場で注目の「伊藤修子さん」も他の芸人さんに負けず劣らず大喜利していて、応援している者としても気持ちが良かったです。

この番組で、「視聴者から届いた大喜利」発表も面白いです。一般の方の発想もなかなかなもので、時々「中学生が、こんな面白いこと考えつくんだ!」と、感心したり、笑わされます。

大喜利のレベルが高過ぎで、普段大御所殿堂入りの、大会チェアマンの松本人志さんの大喜利がボヤけてしまう印象もあります。
コント番組や、漫才に比べて、テンポ良く鑑賞出来るので、次回の放送も楽しみです。