読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

うなぎ鬼1巻:落合裕介・高田侑/感想ネタバレ注意!あらすじ・中身不明の重さ50~60キロのコンテナとたんぱく質。何を連想する? #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

うなぎ鬼一巻:落合裕介・高田侑:中身不明の重さ50~60キロのコンテナとたんぱく質。何を連想する?

私が最近購入して面白かった青年コミックをご紹介します。
この漫画の主人公・倉見勝(くらみ・まさる)はギャンブルにはまって身を滅ぼしかけたバカな男です。
しかし、裏家業の社長・千脇(ちわき)に買わて、裏家業の部下としての素質を見いだされます。
千脇は勝にある、特別な任務を与えます。
それは中身の分からない重さ50~60キロのコンテナを、千脇の弟が経営するマルヨシ水産に運ぶことでした。
マルヨシ水産は周りが廃墟みたいになっているところに有り、そこでは異様な見てくれの男達がうなぎを大量に飼育しています。
うなぎはたんぱく質なら、何でも、食べるんだそうです。「何でも」です。
裏家業で中身を見てはいけない重さ50~60キロのコンテナと、たんぱく質。
私には「あれ」にしか思えないんですよね。
ほんとに「あれ」だったら、しばらくうなぎは食べたくないですが。
先が気になって仕方がない漫画です。コンテナの中身を知りたいけど、中がぐちゃぐちゃの「あれ」だったらかなりぐろいですよね。せめてきれいな「あれ」でありますように。
是非、皆さんもこの漫画を読んで中身を確かめてみてください。

ありがとう寄稿。

舞台は八咫烏が生きる架空の世界。八咫烏たちは普段は人間の姿、いざという時には烏の姿へ転身し、空を飛ぶことができます。そんな彼らの住む「山内」で、仙人蓋と呼ばれる麻薬のような作用をする薬が問題となります。

感想・書評「黄金の烏:阿部智里:八咫烏シリーズ第3弾」ネタバレ注意・「山内」で、仙人蓋と呼ばれる麻薬のような作用をする薬が問題となります(レビュー)。 #読書 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。