読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

復讐教室1巻(要龍山崎烏)感想ネタバレ注意!あらすじ・主人公・中学3年生の藤沢彩菜(ふじさわ・あやな)はクラスで酷いいじめを受けていました…。 #COMIC

マンガ 寄稿 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

復讐教室 復習教室1巻:要龍山崎烏:いじめられていた主人公がクラス全員に復讐することを決意。ありそうで怖い。

この漫画の主人公・中学3年生の藤沢彩菜(ふじさわ・あやな)はクラスで酷いいじめを受けていました。
暴行・恐喝・脅迫・集団無視、そして………まで。
最初は抵抗していた彩菜でしたが、次第に諦め、耐えることに慣れてしまっていました。
しかし、いじめはさらにエスカレートし、彩菜はクラスの何者かに交通事故を装って殺されかけてしまいます。
ようやく彩菜は、耐えても殺されるだけ。嫌ならやり返すしかないことに気がつきます。
退院した彩菜は、クラス全員に自分と同じ地獄を味わわせるために復讐を始めるのですが、その方法が現実にありそうでとっても怖いです。
彩菜は、自分が死んでクラスから居なくなったら次のいじめターゲットになることが確実な女子同級生を、自分の代わりにいじめられたくなかったら協力してと脅して、手駒に使います。
その女子は自分がいじめられるのは嫌なので、彩菜に協力するのですが、彩菜はその女子も使うだけ使ったらしっかり復讐するつもりなんですよ。
自分をいじめた奴等だけでなく、見て見ぬフリをしていた奴等も復讐の対象だったんです。
この漫画は現実味がありすぎて怖いのですが、だからこそ先が気になってしまう漫画です。
是非一度読んでみてください。

ありがとう寄稿。

幕末といえば志士とよばれる人が活躍し、現代人のあこがれるような偉人を数多く輩出した時代でした。しかし、その裏では非合法な暗殺が広くまかり通っていたことも事実です。

感想・書評「幕末暗殺史:森川哲郎」ネタバレ注意・どうして被害者が暗殺対象となったのか・誰が暗殺したのか・その動機は何かに注目(レビュー)。 #読書 | アフィリエイト収入で生活したいブログ。