読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

大人の世界に足を踏み込んだ、社会人なりたての方にもお勧めできる感動的な「泣ける」作品…感想レビュー「千と千尋の神隠し」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

映画「千と千尋の神隠し」、その独特のストーリーは泣ける

映画「千と千尋の神隠し」、その独特のストーリーは泣ける、についてです。よろしくお願い申し上げます。
宮崎駿さんのスタジオジブリ作品の中でも、屈指の名作といえば本作「千と千尋の神隠し」でしょう。
この作品の独特の空気感、昔の日本の旅館施設を彷彿とさせる湯屋や、ユーモラスな登場人物は、魅力的で、老若男女問わず支持されてる作品です。
しかし、忘れてはならない点は、この作品の大筋はあくまで主人公、千尋の「成長物語」ということ。

主人公の千尋は現代日本のどこにでもいそうな女の子。彼女は「生きていく」ということについて、もちろん考えたこともなく、自立とは程遠い単なる「子供」です。
その子供がいきなり、大人の生産社会に放り込まれるわけですから、その当然の帰結として千尋は、すさまじく「苦労」します。

その苦労を支える大人たち、異性、先輩の姿に実は私はウルッと来るのです。
具体的には、湯屋の働き者カマジイや頼れる先輩のリン、千尋が恋する「ハク」も、独りぼっちの千尋を支えます。

放映当時、社会人なりたてだった私は、千尋が社会の中でいろいろの先輩たちに支えられている姿に、自分をだぶらせ感動していたのを今でも思い出します。
大人の世界に足を踏み込んだ、社会人なりたての方にもお勧めできる感動的な「泣ける」作品です。

ありがとう寄稿。

人生には「迷い」「不安」はつきもので、楽しく人生を生きていても、ある日突然不幸が訪れてどうしていいかわからなくときがあると思います。

感想・書評「人生は価値ある一瞬(ひととき)著者:大谷光真」ネタバレ注意・仏教的な面からみた人生論(レビュー)。 #読書 - みんなのブログ。