読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「森の力:宮脇昭」ネタバレ注意・世界各国に4000万本もの植林を成功させ、その土地本来の森を造る(レビュー)。 #読書

寄稿 読書感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『森の力』(宮脇昭):森づくりのスペシャリストの理論と実践

世界各国に4000万本もの植林を成功させ、その土地本来の森を造ることによって、人間や地球の未来を守ろうと行動する宮脇昭氏の理論と実践を紹介しているのが『森の力』です。宮脇氏は日本で本来あるべき森はもはやほとんど残っておらず、人の手を借りなければ維持できない森ばかりになってしまい、本来の森の力(耐火性・耐震性・防波力など)が失われていると説きます。

そして、植物学者の先人から受けた「見えないものを見る」という意識と最先端の学識を実践し、本来の森を取り戻す活動が必要として、自ら現場を歩いて感じたこと・考えたことが赤裸々に綴られています。彼の実践を見ていくと、頭でっかちで終わらない仕事ぶりには誰しも感心するでしょうし、哲学や事物の関係性など目に見えないものに気を配ることが必要という主張にも説得力があります。自分が理想とする自然だけを絶対視するのではなく、人工物を造る必要性も許容している点は、狂信的な自然愛護団体と一線を画するものがあります。本当に自然を愛する学者・実践者の記録として、一読に値します。

☆今日のブログ飯(親はアホ、はやく死んだ方がいい)

モンスターが子供を驚かせて、その悲鳴で生活が成り立ってて、その子供に触れたりすると危険で、絶対に触れたりしてはいけない。とゆう話だったんですが最初は単純に楽しくて面白い映画なのかな?と思ってたんですが、サリーがブーに対して、愛情が芽生え始めるあたりから見方が変わりました。

サリーとブーの深い絆が泣けました!感想レビュー「モンスターズインク」おすすめ泣けるアニメ映画(ネタバレ注意)。 - ナカノちゃんねる