読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「ファイブスター物語 (13)永野 護」ネタバレ注意・作者は「クリス」を書きたいんだなぁ、書きたかったんだなぁ(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ファイブスター物語 (13)永野 護  ~12巻から何年たちました?覚えてません!

去年買ったような気がします。たぶん、発売日に買いましてそのまま読みまして。前回までの話を覚えてないので面白かったです。
そして、一年ほど寝かしまして。昨日、部屋の片付けの最中に本棚以外のところから発掘しまして。
うん、やっぱり面白いですわ。
というのもたぶん自分が訓練されたFSS信者でMHの「でじゃいん」だのそういうのとはまったく別のところ
普通にキャラクターをおいかけていて延々年表をみて「こういうことですぅ」っていうのを楽しんでいたあの「御伽噺」の
未来に生きていて「新説です」ってなった改変も「よくあること」(歴史マニアだとあるでしょう?1192つくろうじゃなくなるようなこと)
で、わらって済ませられるようなこと。その「大きなこころ」で読んだらえらく楽しい13巻。
つまり12巻まで読み返して13巻よもうとすると「なにこれなにいってんの?」ってなっちゃう。
でもって作者は「クリス」を書きたいんだなぁ、書きたかったんだなぁ…。
ワスチャを書きたかったんだなぁ。それにはここまで「大風呂敷」が必要だったんだなぁと。
13巻みると思うんです。
「クリス」=作者だとおもうと、なかなか楽しいです。ふっふっふ。

つまり「おもしろいらしいよ」っていわれてFSSを推薦されても新参さんには「なにこれ?」となりますので
よく訓練された信者向けに一生懸命クリスはクリスだけかいていればいいんですよね。うん。

ありがとう寄稿。

異次元砲が打たれたら、皿屋敷市がめちゃくちゃになってしまう。

異次元砲が撃たれたら、皿屋敷市がめちゃくちゃに…幽遊白書/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・巻末には、イラストが載っており、コミックの絵とはまた違うけれども…。 #漫画 | 大人がおすすめる漫画日記。