読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「テイルズオブゼスティリア上:平林佐和子」ネタバレ注意・人間であるスレイと天族であるミクリオとの冒険の話です(レビュー)。 #読書

寄稿 ゲーム 小説

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

テイルズオブゼスティリア上 平林佐和子

人気ゲーム・テイルズシリーズの作品の一つテイルズオブゼスティリアの小説版です。人間であるスレイと天族であるミクリオとの冒険の話です。彼らは天族が暮らす村で生活していましたが、ある日村を出て人間の世界へと冒険の旅に出ます。そこでスレイは人間の世界が穢れにまみれていることを知ります。穢れから憑魔(ひょうま)が生まれ、さらなる穢れが生まれるという悪循環を止めるため、スレイは導師となり世界を救う旅に出ます。

しかし導師は決して楽なものではなく、孤独ともいえるものでした。天族の仲間は出来ても、普通の人間に天族は見えないため、人間であるスレイは一人で戦うこともありました。けれどスレイは決して自分の夢を諦めず、いつでも前を向いて旅を続けていました。この作品では、スレイの心の強さに救われます。過酷な旅の試練や大切な人の死に直面しても、スレイは旅を終えようとはしません。天族の仲間に支えられていたからともいえますが、やはりスレイ自身の純粋な心が夢を諦めない姿勢へとつながっていくのです。スレイは一人で問題を抱えてしまいがちな青年ですが、周りのサポートもあって憑魔と向き合っていきます。人間と天族が共存できる世界を目指す主人公たちの負けない心がとてもかっこいい作品です。

ありがとう寄稿。

石原さとみのファンで、最初から見ています。石原さとみの主演映画はあまり見たことがなく、どちらかと言うとコマーシャルで好きになり、彼女の唇のファンです(都市がいも無く)。

地味にスゴイ校閲ガール最終回/テレビ感想2016年&あらすじネタバレ注意・石原さとみのファンで、最初から見ています。 #TV - ナカノちゃんねる