読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

相棒シーズン15正月スペシャル10話「帰還」テレビ感想2016年&あらすじネタバレ注意・舞台は東京都の一番田舎の村で起きた事件らしいです。 #TV

テレビドラマ感想 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

相棒 正月特番 シーズン15 「帰還」 1月1日放送

シーズン15が始った頃は、あまり面白い回がなく「なんや」という感じでしたが、回を重ねる事に段々と面白くなってきました。でも、思うのですが「相棒役」は芝居が下手ですね。こんな下手な相棒をいつまで使うのでしょうか。大根役者とは言いませんが、演技がわざとらしく素人の芝居を見ているようで、少し気持ちが落ち着きません。

でも、まあ、この演技がこの役者の持ち味と思えば、なんとなく慣れてはきました。今回の舞台は東京都の一番田舎の村で起きた事件らしいですげ、この舞台設定というか、犯人の町長。基はIT会社の社長で、会社を辞めてから田舎で町長になったという設定です。実はこれと同じような話の町長が実在し、村おこしを行っている話を聞いたことが有ります。残念ながら場所はどこかを忘れてしまって思い出せないのですが、実話のようです。このドラマを見ながら、舞台設定はその話をネタに作ったのかなと思っていました。最後までドラマを見ても、どこの話だったのか思い出せません。「相棒」は家族全員が好きなので、息子たちと静かにお酒を飲みながらテレビを見て過ごしました。