読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

最後の場面では、この物語が「とても重要」なことだったのだ…映画感想レビュー「ローグ・ワン STAR WARS STORY」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

寄稿 映画感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ローグ・ワン STAR WARS STORY CGのすごさに驚かされます

「スター・ウオーズ」がいかに壮大な物語であるかを、再認識させられます。
切ない話でもあり、勇敢な冒険譚でもあり、新しいキャラクターの演じる新しい物語です。
異星人がたくさんでてきますが、違和感なく、現実に存在するものとして、受け取ってしまいます。
幼い主人公がどのように成長したのかは、描かれていませんので、推察するしかないのですが、厳しくさびしい育ちであっただろうと、主人公に感情移入してしまいます。
見事に・・といっても、危うく綱渡り状況でしたが・・ミッションを成功させますが、主人公は悲劇に終わります。
成果は・・たぶんあったのであろうと思いながら・・
そして、最後の場面では、この物語が「とても重要」なことだったのだと明かされ、懐かしい「スター・ウオーズ」の主要メンバーが、チラッと顔を出します。
上映がおわってみて、そうか!そういうことか!壮大な「スター・ウオーズ」の一つの重要なエピソードだったのだと、納得するのです。