読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

百姓貴族(荒川弘)感想&あらすじ・作者の実体験を綴ったエッセイコミックなんですが…(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

荒川弘さん作 百姓貴族!!今までにない漫画

私が最近ハマったのは荒川弘さんの百姓貴族と言う漫画です。最近映画で「銀の匙」という実写の映画が公開されましたが同じ原作者さんで、こちらは作者の実体験を綴ったエッセイコミックなんですが、自分が感じたことの無い切り口であー〜〜なるほど!」ってみじかにある野菜や酪農家のことを知れて、尚且つ笑えるんですよね。(ネタバレ注意ですが)

自分のとこも田舎ですけど、百姓貴族さんが自分の畑を潰して滑走路作っちゃってセスナ飛ばしてた。とか思わず「どんだけ広い畑だよ!」って突っ込んじゃってたり、作者の実体験が力持ちの酪農家の子って感じだったので、てっきり男の人だと思っていたら③巻でマタニティヨガやってて安産だった!!とか....もうもうなんだか知らない世界なのに、妙に親近感が湧いて、自分も田舎の子なんだなあと思う場面があって納得して見たり。私がこんななので、都会の人にはびっくりで知らない世界で、市場に出回ってる食べ物について笑いながら考えられる漫画だと思います。私は知らない人に絶対読ませたい漫画ピカイチ!オススメです。