読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

憲法9条の趣旨に反する!集団的自衛権に関する反対意見(戦力不保持の憲法案を作ったのはアメリカではありませんか)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

集団的自衛権は憲法9条の趣旨に反する!

私は、集団的自衛権には反対の立場です。
なぜなら集団的自衛権を認めてしまうと、本来の憲法9条の意に反することになってしまうと思うからです。
確かに国際協調が叫ばれる昨今、憲法9条を盾に国際協力をしないのはおかしいという意見もあるでしょう。安全保障条約によってアメリカは日本を守ってくれるのに、日本はアメリカを守れないのは不公平だという意見もあるでしょう。しかし、元々日本の戦力不保持の憲法案を作ったのはアメリカではありませんか。

日本は一切の戦力を持たず、武力を行使せず、ひたすらに平和を希求する内容の憲法を制定することによって、戦争という過去の大きな過ちを繰り返さないように強く意識づけたのではないのですか。
自国を守るために必要最低限の自衛を行うならともかく、他国を守るために武力の行使を認めるならそもそもの憲法制定時の9条の意味を損なう行為に当たると思います。
時代は変化しているので過去の考えに囚われるな、という意見もあるかもしれません。しかし、時代に合わせて日本も戦争に参加できるようになる、つまり過去の過ちを繰り返すというのでは本末転倒だと思います。
今一度、憲法9条の制定趣旨を考え直す必要があるのではないでしょうか。