読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

ゴッドハンド輝11巻第156話再生の朝(山本航暉)感想&あらすじ・沈みかけていたバルハラでもあるのですがテル先生の空気で一変…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 青年マンガ マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

沈みかけていたバルハラでもあるのですがテル先生の空気で一変して変わろうとするのはかなり注目する展開にもなってくるものです。

面白いところ。

ひと段落した所で現場復帰しようとするのですが北見先生から一方的に怒られるのはいつも通りの展開にもなってくるものです。この空気が面白いものです。

好きなところ。

患者さんの為に一生懸命に動いているテル先生は一筋の光を見ている感覚にもかなり共感出来る場面にもなってくるものです。

好きなキャラ。

真東輝、北見修一

好きなエピソード。

叔母さんが四瑛会の事で考えてしまうばかりにもなってくるのです。この後の展開にはどの様な流れになってくるのかが見物にもなってくるものです。

おすすめ。

四瑛会においてもテル先生の診断にも揺るがないのがかなりカギでもあるものです。見ててもかなり納得してしまうものです。

作品に関する思い出。

医療マンガにおいてはこの作品は一番に読みやすい感覚にもなってくるのではないかと感じるものです。その中でも光介の過去に関しても気になるものです。

作者に関して。

日常生活においてもこの医療に関しては切れない感覚にもなってくるものですがその中でもテル先生の存在は輝くのではと感じるものです。

その他。

四瑛会のシステムを聞いてしまったテル先生でもあるのですがこの告白を聞いてどの様な形で考えて行くのかがかなり見物になってくる。

ありがとう寄稿。

行列のできる法律相談所」に橋下徹弁護士の復帰しました。昔のVTRも流れていましたが、だいぶ苦労されたんだなと顔の違いに感じました。

行列のできる法律相談所:橋下徹弁護士の復帰/感想!島田紳助さんの話をした事です…(ネタバレ注意)。 #TV | アフィリエイト収入で生活したいブログ。