読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「幕末明治美人帖」ネタバレ注意・現代に通じるような美男美女がいることへの驚きや失われた日本の美しさへの賞賛(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『幕末明治美人帖』(ポーラ文化研究所):幕末明治の美人写真に思いを馳せる

インターネット上で幕末・明治期の美男美女の写真が話題となっています。そこでは300年前にもかかわらず、現代に通じるような美男美女がいることへの驚きや失われた日本の美しさへの賞賛のコメントが溢れています。『幕末明治美人帖』は「幕末明治を彩った女たち」「写真が語る明治のマドンナたち」の2部で構成されています。

第一部は幕末明治期に活躍した偉人たちの妻を取り上げ、その写真とともに生涯を紹介しています。激動の時代を生きぬく男と一緒に生きた彼女たちの人生も波瀾万丈のものでしたが、彼女たちは彼女たちなりの生き様を持っていたのだと読んでいて思いました。誰かが作った女性像に合わせようとする現代の女性より、彼女たちの方がはるかにたくましく「女性らしく」いきているのではないでしょうか。第2部では明治期に開かれた美人コンクール入賞者の写真を紹介しています。ここで紹介される美人は現代人から見ても美人と感じる人が非常に多かったです。それだけ時代が変わっても美意識というものは変わらないということなのかもしれませんし、300年前に現代に近い美が体現されていたことに驚くばかりです。写真に撮られた美女たちは絵葉書にもなって広く伝播したようで、現代のミスコンに近い感覚だったのかもしれません。何だか色々なことに思いを馳せることができる不思議な本でした。

ありがとう寄稿。

1話から続けて見ている「そして、誰もいなくなった」ですが、タイトル通りに毎週誰かしらが姿を消していきます…。

そして、誰もいなくなった【8話】テレビ感想&あらすじネタバレ注意・新一たちの計画は成功か?!と思いきや、日下が裏でこそこそとドローンのプログラムを書き換えて失敗。 #TV - みんなの芸能ブログ。