読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノ実験室

ナカノ実験室が行う実験的なブログです。

スポンサーリンク

宇宙戦艦ヤマト2199/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・スターシャにあたえられたコスモリバーシステムも言ううならば…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

宇宙戦艦ヤマト2199(アニメ)

最終回の簡単な内容紹介、あらすじ。

消えていく命、新しい命、繋いでいく命。スターシャにあたえられたコスモリバーシステムも言ううならば命そのものと言っても過言ではないことを知る真田。そして、その中に宿る魂が誰なのかも…。森雪の死。艦内を幽霊が闊歩する中行われる結婚式。絶望に打ちひしがれる古代進。雪の亡骸を抱きしめながら「雪のいない地球に帰って、意味があるのか!」その時に古代守の魂によってコスモリカバリーシステムが発動、雪がよみがえる。それと同時期に沖田艦長が名言を残して死去。沖田艦長の魂が宿るように再起動するコスモリカバリーシステム。そして彼らは再び地球に降り立ち、地球は再びその青さを取り戻すのだった。

好きだった登場人物、キャラクターに関して。

真田志郎:昔のシリーズにも登場しているキャラです。昔も少しロボットっぽい印象の人でしたが(義手義足ではありますが)今回はさらにロボットのような人間になっていました。その見た目、そのしぐさだとかしゃべりかた、ツボでしたね。一番ツボだったのは「カロリーメイト」的な食べ物を食べ続けているところでした。味覚というか食べる喜びはどうしたんだと突っ込みたくなります。

最終回を読んで(見て)思ったこと、感じたこと、考えたことなど感想。

いよいよ地球にコスモリバースシステムを持ち帰るヤマト。その艦内を闊歩する幽霊の存在。その幽霊によって蘇る雪。このへんは元々の「宇宙戦艦ヤマト」にはなくてオリジナルでしたが、ご都合主義的な昔の流れがなく、きちんと整合性が取れていてわかってはいても安心の結末でした。そして、クルーたちの成長した姿(声)が感動的です。最初の頃は砲撃の掛け声などはたどたどしいものでしたが回を重ねるごとに「今戦ってる!」という臨場感が増していきます。今も昔も、沖田艦長の「地球か…何もかも皆懐かしい」には…泣かされました。

ありがとう寄稿。

奨励会員への道はまだまだ遠いがあきらめずに頑張ってほしい。

確定ネタバレ注意!ものの歩・第30局「溝を征く者」感想&31話予想+あらすじ・信歩対仙國の最終局面…週刊少年ジャンプ感想20号2016年 - 面白い漫画を教えてください。

対決をしていく中で幸平は司瑛士に負けて一度はセントラルに加入すると思う。

食戟のソーマ163話「頂を目指す者」感想&164話予想+あらすじ・確定ネタバレ注意!十傑第一席司との対決・鹿肉を使うフレンチ…週刊少年ジャンプ感想20号2016年 - 面白い漫画を教えてください。